私はこれまで催眠にかかったことがないのですが、セラピーを受けることができますか

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

催眠にかかったことがないというのは、
催眠の体験がない、もしくはこれまで催眠誘導されても被験性(催眠現象の起こりやすさ:立てなくなる、味覚が変わる、幻覚を見るなど)が低かったということですね。

催眠の体験がない人に対しては、被験性テストを最初に行い、実際に誘導して現象を起こす能力があるかどうかを見極めます。
確かに被験性が高い人に対してはセラピーは効果的になりやすいですが、
被験性が低くても、トランス状態というものは誰でも経験します。
たとえば、何かに熱中していると時間が早く過ぎるように感じたり、聞こえているはずの周りの雑音が聞こえなかったりするのはその例です。
このトランス状態になると、暗示を受け入れやすくなりますから、セラピーの目的は達成します。

被験性が低いからといって、セラピーができないわけではありませんのでご心配しないでください。

2017年3月8日