何かのせいと決めつければ、何も解決しない

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

私たちはうまくいかないことがあると

何かのせい
誰かのせい

にします。

あいつが悪いんだ
親が悪いんだ
社会が悪いんだ
環境が悪いんだ

などなど・・・

確かに何かのせいにすると、いらだちや怒りの標的を見つけた気になります。
でも、多くの場合、それらに憎しみを持ち続けたり、いらだちを持ち続けたりします。
ついには、心や体を壊したり、対人関係や対社会関係でトラブルが生じたりします。

ここで、少し立ち止まって考えてみましょう。

誰かのせいと思っていることが、100パーセント正しかったとしたら、
解決は、その誰かの行動を自分が望むものに変える必要があります。
いえ、行動のみならず思考や感情すら、こちらが思うようにコントロールできなければ、
解決になりません。

しかし、人はこちらが思うようにコントロールできません。
その人がどう考え、どう行動し、どんな感情を持つかなど
どうしてコントロールできるのでしょう。

確かに、その人を脅したり、殴ったりすると行動をコントロールできるかもしれませんが、
それに対してその人が何を思うか、感じるかまではコントロールできません。

説得という方法もありますが、本当は何を考え、何を感じるかまではコントロールできません。
かりにそのときはこちらが望む結果が手に入ったとしても、時間が経つにつれてどうなるか分かりません。

要するに、人をコントロールなんてできないのです。
コントロールできないことをしようとすると、苦しみます。
なぜなら、絶対にできっこないからです。

いや、私はそれでもコントロールするんだ、と言っても、それは無益なことです。
コントロールできない現実を、いくら思考で否定しても、苦しいだけなのです。

さらには、親が悪い、育てられ方が悪かったと、過去や環境のせいにすることもあるでしょう。

しかし、過去はすでにありません。
すでにない過去がどうやって今の自分を束縛できるのでしょうか。

育てられ方が悪かった、環境が悪かったとしても
今更、育て直しなんてものはできません。

どうしようもないのです。
変更不能なのです。

変更不能だという現実を否定すると、苦しみます。
変更不能なことを何とかしようとすると、苦しみます。

なぜなら、思考で否定しても現実は変わらないからです。
そして、やはり過去はコントロールできないからです。

社会のせいにしても同じことがいえます。

このようにコントロールできないものをコントロールしようとしたり、
現実を思考で否定したりすると、

絶対に苦しみます。
解決ができないからです。

よくよく考えてみると、

モノや出来事には本来、意味はありません。
意味を持たせているのはそれぞれの人が持つ思考の働きです。

つまり、意味のないものに対して、それぞれ個人が意味づけをしてモノを見ているだけなのです。
その意味づけも、外の世界にはなく、脳内に浮かび上がっている思考にしか過ぎません。

意味のないモノや出来事に自分の思考をかぶせてみているだけなのです。
そのモノ自体や出来事自体を見ているのではなく、
自分の思考を見て反応しているのです。

その証拠に、頭の中でどんなに悩んでも、
イメージの中でありありと浮かんでも、感情すらわき上がっても
他人からはこれらのものは一切見えません。
一人、苦しそうな顔をして呻いているその人がいるだけです。

嫌でどうしようもない人を前にして、
どんなに怒りが湧いて出ようが、過去の悔しい出来事が頭に浮かぼうが、
他人から見たら、その人を前に顔を赤らめたその人と、もう一人の人がいるだけです。

そう、嫌な思考や感情は、それぞれの人の脳内にしかないのです。
こんなものは幻想や妄想というのです。

どんなに事実のように見えても、脳内にしかない幻想なのです。

私たちは、これらを事実として無条件で受け入れてしまうからこそ、
本来意味のないモノや出来事を避けたり、戦ったりしようとするのです。

脳に浮かび上がる思考は

あの人をなんとかしろ
この出来事のせいで自分は台無しになった

とさまざまなことを言うでしょう。

そして、コントロールできもしないものをコントロールしようとしたり、
現実を思考で否定しようとするのです。

思考は事実でありません。
考えていることにしか過ぎません。

思考はすぐに

正しい・間違い

にこだわりますが、それも思考の判断にしか過ぎません。

正しい・間違いではなく、
その行動が役立つか・役立たないか

これが行為の基準となります。

役立たない行為は、どんなに正しく見えても、
人生と生活を台無しにするのですから。

このことに気づき、思考と距離をとりつつ行動すると、
思考は単にそれだけのものとなります。

思考がなんと言おうが、
コントロールできないものや現実は受け入れ、
そこからコントロールできるものを探して行動してゆくことこそ、
大切なことではないでしょうか。

何かのせいにしていると気分は楽ですが、
どんな解決も生み出さないのです。

最近、特に受講生が増えてきた
『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【2月、3月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 2/26 メンタルサロン・研究会(催眠・催眠療法) 15時30分から
 3/ 5 メンタルサロン 15時30分から
 3/19 メンタルサロン 15時30分から

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

Share