苦しみは「外」からやって来ない ~ 苦しみから抜け出す新しい方法

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

私たちは苦しいことがあると、自分以外の何者かのせいにすることが多いものです。

社会や他人・・・

それが正しければ、社会や他人が
自分が思うとおりに変化するまでは、苦しみが続くことになります。

残念なことに、こういった苦しみがなくなることは絶対にあり得ません。

なぜなら、社会や他人を自分の思い通りに操り、
変化させることは不可能だからです。

社会や他人を完全に自分のコントロール下におくことは絶対に不可能であるのに、
それをしようとすると、本来は感じる必要のない苦しみをさらに感じてしまいます。

あらゆる苦しみは、自分の脳が創り出すのです。

もし、ある状況が物理的に人に苦痛を与えるものであれば、
万人に同じ程度に苦しみが与えられるものですが、
ある人がつらいと思う状況においても
他の人にはつらさを感じないこともあります。

もし、物理的に痛み(骨折の痛みやがんの痛みなど)があるならば、
寝ても覚めても痛みはあります。
しかし、つらさは寝ているときには感じません。

つらさは、物事そのものからではなく、
物事を解釈するそれぞれの脳が創り出すのです。

ですから、ある状況をある人は苦しみますが、
苦しまない人もいますし、
そもそも脳の活動が低下している睡眠時にはその悩みというものはありません。

物事には、善も悪も、正しさも間違いもありません。
物事がただ起きているだけなのです。
意味すらありません。

その物事に解釈や意味や価値などを与える過程において、
認知のゆがみ(思考のゆがみ)が強い人ほど、
苦しみを不必要に作りやすいのです。

その時には、思考や感情は脳が作り出しているけれど、
実在しないものであるのにもかかわらず、

それが現実のものであると
疑いもなく信じ、
自分だけではなく他人も同じように感じ、
世間一般の常識や真理であるかのように

思い込んでいるのです。

本当のことをいうと、

苦しみを含め思考や感情は私たちの脳が作り出しているもので、
外の世界にはそれはなく、
頭の中にだけしか存在しないもの

にしかすぎないのです。

こう言うと、とても認知がゆがんでいる人は

では、他人や社会のせいではなく、
自分が悪いというのか
それは苦しんでいる人をさらに追い込むのではないか

と強く主張します。

どうすれば解決するかではなく、
誰が悪いのかとか、白黒思考の傾向が強い人ほどこのように考えてしまいます。

では、そういった人は、

「原因」であると思い込んでいる社会や人を完全にコントロールするまで
苦しみがなくならないですから、苦しみをなくすために
社会や人をコントロールする方法を追い求めてください

ということになります。

そこには他人や社会、自分を含めて「誰かを責める」思考や感情だけがあり、
解決というものを持ち合わせていないのです。

だからこそ、今苦しんでいるのですし、
今苦しんでいる自分をそのまま放置して、
絶対にできない社会や他人のコントロールを夢見ていることが
さらに苦しみを増加させている

ことに気がついてください。

誰が悪いとか、誰のせいというものではなく、

苦しみは脳が創り出しているという現実を受け入れ、
思考や感情の正体を見極め、
思考や感情との関わりを変えることによって、
自分を変えることの方が

遙かに簡単なのです。

アメリカにはこんなことわざがあります


棍棒で人を傷つけることはできるが、
言葉では人は傷つかない

棍棒は相手がどんな国の人であっても、それで殴られると誰もがけがをしますが、
言葉は通じなければ、どんなことを言われても何のことかすら分かりません

言葉が通じる、つまり言葉を解釈できてはじめて腹を立てることができるのです。

言葉という音を解釈して怒る人もいれば、
さらに解釈を深読みし、邪推してもっと苦しみを持続させ続ける人もいるでしょう。

その瞬間腹だっても、次の瞬間忘れる人もいます。
腹が立たないこともいます。

言葉は音にしか過ぎません。
音で人は傷つきません。
棍棒のように誰もがけがするわけではないのです。

言葉では棍棒の時のように傷つかず、
解釈によって、脳が苦しみを創り出すのです。

解釈のやり方、ゆがみ方、
解釈を解釈だと思わず事実だと信じてしまうその度合いによって

苦しみが脳から生ずるのです。

さらに思い起こしてください。

私たちが腹立てている時、ほとんどは
目の前には何もないのに、
過去の記憶を思い出して、それに腹立てていることを。

すでに今にはない、頭が生み出す映像や記憶に対して
腹立てていることが多いでしょう?

私たちは、絶対に不可能な社会や他人を変えて原因を解決することなんてしません。

むしろ、自分を変えること、
いえ、思考は単なる思考に過ぎないものと知り、
思考との関わりを変えることによって、生き方を変えようとするものです。

私たちの生活や人生の障害のほとんどのものは
思考や感情に振り回されて、苦しんだり、何もできないでいることばかりでしょう。

自分が生み出す思考や感情に、自分が振り回されて苦しみの多い生活や人生を歩むのは
本末転倒でしょう。

うつや不安症のまっただ中にある人、自分を見失った人、
無価値観や希死念慮に襲われている人には
まさに、思考や感情に振り回され、原因が社会や他人や過去など
自分以外のものにあると固く信じている人が多いでしょう。

そんなふうに原因を外に求めても何も解決しなかったからこそ、今の自分があるのです。

そうではなく、全く新しい視点

つまり、

脳がすべての苦しみを生み出し、
その原因である思考や感情との関わりを変えることによって
自分を変えると、現実が変わること

から、今の重く苦しい現状を抜け出してみてはいかがでしょうか。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは
間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、
サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、
霊気療法だけではなく、マインドフルネスの実践や
苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。

たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のための
さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、
霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【メンタルサロンの日程】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

第1,第3日曜の15時半から行います。

■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】

ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

広告
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です