V.d.s.の根底にあるもの

私たちV.d.s.のやり方の根底にあるものは

  • 思考・感情は脳が生み出す幻想や妄想である
  • 思考・感情は事実ではない
  • 思考・感情は行動をコントロールしない
  • 苦しみは生きている代償であり絶対に避けられない
  • 苦しみを避けようとする努力が、逆に苦しみを深める
  • 苦しみも含めて自分と自分の人生の一部である事実を受け入れる


この六つです。

この六つをもとに

人生で発生するあらゆる苦しみに対応しよう


とするものなのです。

V.d.s.には理論ではなく、実際に身につけることができるよう、マインドフルネスや様々な手法によるエクササイズが数多くあります。

私たちの人生は苦しみがあることが苦しいことではなく、
苦しさのためにやりたいことができないことが本当に苦しいことにあります。

上の六つは事実そのものです。
この事実を無視したり、否定したり、ありもしないことを求めるとよけいな苦しみを自らに課すだけなのです。
広告
Share