ブログ

サイト管理人のブログです。
※ スマートフォンによっては表示されない場合がありますが、サイドメニューの「最近の投稿」、もしくは画面上からフル表示やPC表示を選択いただくと表示されます。
Share

ブログ一覧

人の気持ちなんて分からないと割り切れば、とても楽に生きることができます。

私たちはよく

人に気持ちになって行動しよう

人の痛みを理解しよう

その人の気持ちになってみろ

などと言われます。
そして、これらの言葉を聞くと、

ああ・・・人の気持ちや痛みが分からない自分はなんてだめなんだろう

と反省したり、自分を責めたりします。

あるいは、

あの人は、どう考え、感じているのだろう

そんなことを思って、一生懸命に人の心を知ろうとする人もいます。

ここで皆さんにお聞きしたいのですが、

人の気持ちや考えを知ることは本当に可能ですか?

ということです。

ここで「知る」とは、観察ができるか、ということです。

もし、観察できるものなら、何らかの手段を用いてできることでしょう。
もし、観察が不可能なことならば、不可能なことをやろうとしても決してできませんから、
苦しみを作り出すだけなのです。

私たちはモノや出来事は観察が可能です。
それは第三者でもできることなのです。

一方、思考や感情は体を解剖しても観察はできません。
ここにこんな思考や感情があると人に示すこともできません。

言葉で表そうとしても、正確にそれらを表現もできませんし、
受け取る側は、さらにその表現した言葉をその人なりに解釈するため
思考や感情をそのまま理解はできません。

ましてや、感情を他人がそのまま体験できることはあり得ません。

つまり、思考や感情は、

他人から観察不可能なものであって、
脳内の電気信号や化学反応から生じる現象

ということができるでしょう。

観察もできず、モノとして存在しないものなのです。

こういったものは幻想や妄想と同じなのです。

私たちが他人の妄想や幻想を見ることもできないし、体験もできないように
他人の思考や感情を見ることも知ることもできないのです。

いや、テレパシーで分かるとかというオカルト話はさておき、
現実として、私たちは知りようがないのです。

ですから、人の気持ちになってみるとか、
人の痛みが分かるとか、そのつらさを分かってみろとか、
というのは、絶対に無理なことなのです。

私の気持ちなんて分からないくせに

と言われたところで、本当に分からないのです。
分かったふりをしても、本当は分からないのです。
絶対に分かりっこないのに、分かろうとすると苦しみます。

私たちが人の思考や感情が分かった気になるのは、

私たちの経験に置き換えて
「たぶんこう考え、思っているのだろう」と自分が解釈している

だけなのです。
ですから、その解釈が当たっていることもありますし、外れていることもあるのです。

つまりは、自分の解釈をしているだけであって、決して人の思考や感情を観察しているわけではないのです。

その人でない限り、思考や感情は決して分かりません。
分からないからこそ、

本当はどう考えているのだろうか

などと、推理したり解釈したりする必要もないのです。
相手の思考や感情を見ているのではなく、自分の思考や感情を見ているだけなのです。

自分の思考や感情を見ていることを忘れて、
それを「事実」として信じてしまうと、
必要以上に苦しみをもたらしてしまいます。

あの人のあの言葉遣いや態度や雰囲気は、
私のことを嫌っているに違いない・・・
その証拠に・・・

と、「〜違いない」ということが自分の解釈、自分の思考や感情であることを忘れて、
あたかも、相手が考えて感じているかのように信じてしまう
と、
このような場合、とても苦しくなります。

そんな経験はよくあることでしょう?

こんな時は、

それは決して、相手の思考や感情ではなく、
たぶん、こう考えこう感じているな、ということが自分の解釈にしか過ぎない事実を知るだけ

でよいのです。

それは、当たりかもしれないし、外れかもしれません。
分からないのだから、仕方ありません。

どんなに考えても、悩んでも

他人の思考や感情は観察できないから分からない
分かったように見えても、それは自分の解釈にしか過ぎない
それは当たりかな、外れかな

と割り切るのです。

そうすると、他人が何を考えているのか、どう思っているのかと
悩み続ける必要はないのです。

もちろん、私たちは社会的に生きていますから、

コミュニケーションとして、人の思いや気持ちを分かったふりをする

ということはとても大切なことです。
しかし、あくまでもふりですから、それは思考や感情を観察できたというわけではありません。

このブログを読んだ後、他人の考えや感情を知ろうとして悩んでいる人を見てください。
そうすると、その人が本当に悩んでいるのは、他人の思考や感情に悩んでいるのではなく、
他人を解釈しているその人の思考や感情に自ら苦しんでいるだけであるのを発見できるでしょう。

こんなふうに苦しんで、一度しかない人生を無駄にする必要はありません。
私たちは生きている代償として、さまざまな苦しみを体験します。
死ぬこと、人と別れること、病気になること、年老いること、願いが叶わないことなどです。
絶対に逃げられない苦しみを私たちは体験しながら生きています。

逆に言うと、これら苦しみがあることこそが、私たちが生きていることでもあるのです。
生きているとこのような、誰もが経験する苦しみがあるのに、
さらに、不必要に無駄で、どうしようもない苦しみを自ら作り出す必要なんてどこにもないのです。

人の考えや思いは決して分からないものだと割り切る
その上で、コミュニケーションとして「分かったふりをする」

それだけでも、人生はかなり楽になるでしょう。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは
間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。



【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、
サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296


【5月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

5月からメンタルサロンは第1,第3日曜の15時半から行うことになりました。

5/21 15時30分から


■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】

ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

ストレスは溜まるもの? 本当のストレス解消法

ストレスが溜まって胃が痛い

ストレスが溜まって寝付きが悪い

ストレスのせいでイライラする

私たちはこんなことを疑いもせず日常的に考え、日常的に使います。

そして、胃が痛い人は胃薬を飲み、
寝付きが悪い人は睡眠薬を飲み、
イライラする人は運動や趣味や八つ当たりなどで発散します。

でも、よく考えるとおかしいですよね。

「ストレスが溜まる」から胃が痛くなったり、寝付きが悪くなったり、イライラしたりするのに、
「ストレスが溜まる」ことに手をつけずに、対症療法に徹しています。

確かに、薬を飲んだり運動をすると、一時的には胃の痛みは治まり、寝ることもでき、イライラも発散するでしょうが、
しばらくするとまた同じことを繰り返してゆきます。

一時的な症状の緩和と引き換えに、長期的に見ると同じことを繰り返してしまうのです。

仕事でも同じ状況、同じ作業をすると、同じ失敗を繰り返し、
そのたびに同じ対処をして、また同じことをする人をどう評価するでしょうか。

私たちはこういった人と同じことをやっているに過ぎないのです。

同じ失敗を繰り返して、そのレベルにとどまることをせずに、
その代わりに他のことができたらもっと可能性は広がるはずです。

そもそもストレスは「溜まる」ものなのでしょうか。

「溜まる」という言葉を使うと、ストレスが何か物質のような気がして実体があるかのように勘違いします。

ストレスにやられた、ストレスが溜まっていると主張する人はたくさんいますが、
ストレスを実際に見た人はあるのでしょうか。

ストレスというものを見た人は誰もいないでしょう。

実体がないものは「溜まりようがない」のです。
実体がないものは、実体がないのですから幻想や妄想なのです。

幻想や妄想を相手に対処なんてできません。
頭の中に現れた幻想や妄想を相手に、

それら(幻想や妄想など実体がないもの)が原因で体調を壊した

と主張しているのです。

実のところ、私たちがストレスが溜まったと主張しているのは、

モノに対する解釈によって、苦悩が強くなった

と言うことなのです。

ここで、

モノとは、現実であり、実体がある物質や出来事であって、本来意味のないもので、
人から観察可能なもののことです。

解釈とは、脳内の思考の産物であり、実体がなく、意味や価値、
比較や評価、理由づけに彩られたものであって、人からは観察不可能なものです。
つまりは、幻想や妄想と同じであって、実際には存在しないものなのです。

例えば、同じ体験(悪口を言われた、怒られた、たくさんの人の前でプレゼンをするなど)をしても
苦しむ人と苦しまない人がいます。
その体験を何回かすると、苦しむ人には心身の不調が見られ、
苦しまない人には心身の不調はありません。

よく考えると、モノ(上の例では体験)には良いも悪いも、きれいも汚いも、優劣も本来はありません。
モノがあるだけ、出来事が起きただけ、言葉が発せられただけなどです。

私たち人間がこのモノに対して勝手に解釈して意味づけているだけです。
人間のいないところでは、評価も解釈も道徳も価値観もありません。
モノがあり、出来事があるだけです。

しかも、その評価なども人によって、文化によって、宗教によって、時代によって違います。
相対的なものにしか過ぎません。
絶対的なものでもなく、宇宙の法則でも、真実でもないのです。

私たちはある状況に陥ったり、あることに出くわすと、それを解釈します。
この解釈がその人にとって苦悩を生み出すものであるならば、
その解釈自体が問題となるのです。

しかし、解釈は上に述べたように頭の中に発生する幻想や妄想の類いであって、実体がないものですから、

その正体が実体のない幻想や妄想であるならば、それに反応しなければいいだけなのです。

悲しいかな、それでも私たちは幻想や妄想にとらわれて、それを現実だと信じてしまうために、

反応しないなんてできない

と自動反応したあげく、どうして反応できないかその理由づけすら始めます。

そうすると何が起こるかと言えば、

解釈に振り回されて心身の不調を生じさせる人生を歩む決意をしている

だけなのです。

今は病気だから

今はその時でないから

いつかなんとかなる

頑張ったけれどできない

そんなこと嘘だ

おまえが間違っている

などと言ったところで、今の自分は何も変わらないことを主張しているだけなのです。


あなたを変えると、世界が変わる

というのは、私たちV.d.s.のスローガンですが、
実は、あなたを変えるという意味は、


あなたとあなたの思考の関係を変えること

なのです。

そうすると、本当に世界が変わります。
なぜなら、世界はあなたの解釈によって成り立っているからです。

決して胃薬や睡眠薬を飲んだり、発散して、長期的に見たら同じことを繰り返すのではなく、

これこそが本当のストレスの解消でしょう。

★『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。



【自己変革のための生まれ変わりセミナー】

http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは
間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。



【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、
サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【5月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

5月からメンタルサロンは第1,第3日曜の15時半から行うことになりました。

5/21 15時30分から

■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

5月のメンタルサロンは催眠・瞑想・霊気療法でストレスからの解放

5月のメンタルサロンのテーマは

催眠と瞑想と霊気療法

過重なストレスから解放して、
とても気持ちいい精神状態に導きます。

人はストレスがないと、それがストレスとなります。
しかし、ストレスが強すぎると心身に不調を作り出します。

私たちには適度なストレスが必要なのです。

適度なストレスを手に入れるため、
日常生活で多く抱え込んでしまっている過度なストレスをなくしてゆきます。

びっくりするほど心地よいものです。

霊気療法も、一度受けてみると分かりますが、
精神的な疲れにとても効果があります。

今月のメンタルサロンで、ストレスを解放して
自分に向き合ってみるのもいいかもしれません。



【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【5月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

5月からメンタルサロンは第1,第3日曜の15時半から行うことになりました。

5/ 7 15時30分から
5/21 15時30分から

———————————————

【私たちについて】

http://v-d-s.net/

【私たちのストア】

ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

すっぱいブドウの人生は不必要な苦しみを作り上げる

私たちは、思いが叶わないと

社会や他人や自分のせいにしたり
他人や自分を不必要におとしめたり

そうやって、自分の心のバランスを保とうとする働きがあります。

イソップの話に『すっぱいブドウ』というものがあります。

ウィキペディアには

———————————

キツネが、たわわに実ったおいしそうなぶどうを見つける。
食べようとして跳び上がるが、ぶどうはみな高い所にあり、届かない。
何度跳んでも届かず、キツネは怒りと悔しさで、

「どうせこんなぶどうは、すっぱくてまずいだろう。誰が食べてやるものか。」

と捨て台詞を残して去る。

この意味は、

手に入れたくてたまらないのに、
人・物・地位・階級など、努力しても手が届かない対象がある場合、
その対象を

「価値がない・低級で自分にふさわしくない」

ものとみてあきらめ、心の平安を得る。
フロイトの心理学では防衛機制・合理化の例とする。
また、英語圏で「Sour Grapes」は「負け惜しみ」を意味する熟語である。

———————————

と書かれています。

私たちの人生に照らし合わせてみると、このようなことは多いでしょう。

もし、手に入れたいと思うものが物理的に不可能なものであれば、
不可能であるという事実を受け入れるしか方法はない
のです。
なぜなら、不可能ということが事実だからです。

しかし、私たちはこの事実を思考で否定して、なおもそれを何とかしようとします。
何とかしようとしても物理的に不可能であるから手に入りません。
現実を思考で否定しても絶対に勝ち目はないのです。

そんなことをすると、さまざまな苦しみが出てくるのです。
実際にそうでしょう?

何か嫌なことがあると社会や他人のせいにしたりすることがそうです。

嫌なことの原因が社会や他人ならば、
嫌なことをなくそうとすれば、社会や他人をコントロールしてその原因をなくすことが対策となります。
しかし、社会や他人を自分の思い通りに支配することなんて誰もできません。

にもかかわらず、社会や他人のせいにし続けると、

社会や他人のせいで無力で被害者になってしまった自分

をそのまま続けることになるのです。

そうすると、自分の方から社会や他人に対しての関わりを変えることによって
状況を変化させる、という発想すらなくなります。

そうやって、苦しみが続くのです。

あるいは、手に入れたいものが物理的に可能なことであっても、
少し挫折するだけで、上の「すっぱいブドウ」のように、


「価値がない・低級で自分にふさわしくない」

と勝手に評価して、それらを避けようとすることもあります。

つまり、自分が不安にならないように、傷つかないように
その対象をおとしめ、傷つける評価を下すことによって

逃避する理由づけ

をするのです。

確かに、逃避をするとその事態から一時的には逃れることは可能でしょう。
つかの間の安楽を得るのです。

しかし、つかの間の安楽と引き換えに人生での代償を支払うのです。

叶わないことは生きていると誰にでも起こります。
放っておいても生きている限り、人生で自動的に発生します。

そのたびに逃れることを考え、
逃れていると、人生は非常に惨めで、苦悩の多いものになります。

引きこもりの人を例に取るとよく分かります。

人や社会が怖いから、それから逃避するために、安全な自宅に引きこもってしまいます。
一時的にはホッとするでしょう。

しかし、もっともっと恐ろしいことがあるのです。

いつまでこんな生活が続くのか
同級生たちは社会に出て活躍しているのに、どうして自分はこんな状態なのか
養ってくれている親が亡くなると自分はどうなるのか
もう年を取ってしまっているのに、対人スキルや社会でもスキルが身についていない自分はどうなるのか

こんな不安がずっと襲ってきます。
安全である引きこもりが今度は自分を不安にさせるのです。

さらにこれらの不安から逃れるために、ゲームやチャットに逃避するのです。

人生は台無しです。

物理的に不可能なことは、その事実を受け入れ、
物理的に可能なことに対しては、それらに対処し、
可能か不可能かをしっかりと見極める知恵がとても必要なことです。

上に挙げた「すっぱいブドウ」は防衛機制といわれる心の働きですが、
この防衛機制にはレベルがあります。

———————————

1 精神病的防衛

妄想や身体症状を作り出したり、現実を自分の思いに合うように歪曲したりするなどの方法です。

2 未熟な防衛機制

自分がそう思っているのに、それを相手が思っていることとする、例えば、自分が相手を憎んでいるのに、
自分が憎まれていると思い込んだりする「投影」や自傷行動などが代表的です。

3 神経症的防衛機制

受け入れがたい気持ちと裏腹な行動をとる「反動形成」や「抑圧」、「打ち消し」、周囲や他人を過度にコントロールしようとすることなどが代表的です。

4 成熟した防衛機制

現実を受容した上で、行動を決定したり、思考を単なる思考として扱い、思考や感情に振り回されないマインドフルネスや
さまざまな欲求を価値あるものに変える昇華などが代表的です。

———————————

1から3までは私たちは何度もやり続けてきて何の効果もないどころか、
苦しみを増やすことばかりでした。

人によっては、精神科や心療内科に通うことになったり、入院したりしてしまったこともあるでしょう。

私たちV.d.s.が行っているのは4なのです。

人生を台無しにしているのは、他人でも社会でもなく、

自分自身の行動に対する選択

だけなのです。

ずっと言い続けていますが、

思っていることを事実として信じている限りは、1から3の方法を疑いもせず繰り返し、
その結果人生の幅が狭くなって、不必要な苦しみが増えてしまうのに、
さらに1から3を繰り返して逃避しようとする負の循環の中にいるのです。

思っていることは事実とは関係ない、事実とは違うものだということが
本当に分かれば、あとは行動を選択するだけなのです。

私たちは

いつかはなんとかなる

という根拠のない楽観的観測で苦しみを先延ばしにしてしまいます。

そのいつかは絶対に来ないということを知りつつ、
不必要な苦しみを自分で作り上げる人生を選択してしまいます。

一度しかない人生をもっともっと活き活きと生きる知恵と方法を身につけましょう。

私たちは苦しみがあるのが人生の本当のつらさではないのです。
苦しみは放っておいても誰にもあるものですから。
苦しみは絶対になくならないのですから。

最悪のつらさは、苦しみがあることではなく、
その苦しみのためにやりたいことができないこと、歩んでみたかった人生を歩めないことなのですから。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【5月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

5月からメンタルサロンは第1,第3日曜の15時半から行うことになりました。

5/ 7 15時30分から
5/21 15時30分から

■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

失敗が怖い

私たちは何か初めてのことをする時や
大きなイベントなどを経験する時、

不安

が出てきます。

そして、その不安もほとんどは

失敗したらどうしよう・・・

というものです。

初めてのことや大きなイベントでなくても、
日常的に失敗を恐れて不安になる人もいます。

そうなると、頭の中ではいろいろな思考が囁き始めるのです。

(失敗を避けるために)

病気になってしまえ
嘘をついてでも断ってしまえ
その時、無断で休んでしまえ

ついには、

こんな経験をさせる上司は私をいじめているに違いない
こんなことこれまでやったことはないし、誰にとっても難しい
どうして自分だけがこんな目に遭うのか

など、怒りや逃避への理由付けと理由付けに対する正当化が出てきます

ではもし、頭の中の思考が完全に正しく、その囁きに従えば何が起こるか考えてみましょう。

そうです、これまでの自分がいるだけなのです。

そして、これからも失敗を恐れて、それから逃げ出し、
結局は新しいもの、苦手とするものに対するスキルがないままで成長する自分がいるだけなのです。

確かに、逃げるとその瞬間はホッとします。
だから逃げるのです。

しかし、もっと恐ろしいことが後にあるのです。

ホッとした後に、そんな自分が嫌ななる自尊心の低下
いつまでもスキルが身につかず、同じ状況になると嘘をついてまで逃げ回り続ける自分の存在

です。

どんなに逃げても、自分が好まないことは、生きている限り放っておいてもやってくるのです。
何よりも、嫌なこと、不快なこと、不安に思うことは日常においてもたくさんあります。
生きている限り逃げ切れないのです。

傷つかないために、逃げ回っていると、それがもっと大きな傷を自分に与えているのです。

私たちが失敗を恐れるのは、人として当たり前のことです。
それはノーマルな感情なのです。

しかし、どんなに失敗を恐れていても、恐れていた失敗のほとんどは起こらないことばかりなのです。
90パーセントくらいは、実際には起こらない失敗を怒るものと勘違いしておびえているのです。

このようにいうと、

残り10パーセントの失敗はあるではないか

と言ってくる人がいます。

私は、いつもこう言うのです。

それがどうしたのですか

と。

では、未来が100パーセント安全である保証がないと生きていけないとするならば、
今直ちに自動的に死ななければなりません。

未来に100パーセントの安全がないことは当たり前のことです。
にもかかわらず、あえて口にするのは、

実は、

これこそが逃避を正当化する理由

なのです。

そうやって、逃避を続けている限り、成長は望めません。
そういう人に限って、魔法を求めるのです。
変わらず、不必要な苦しみを作り出しているだけなのです。

努力しないで、スキルを身につけようとしないで、
楽に、たちまち、見る見る間に苦しみを誰かがなくしてくれることを期待するのです。

しかし、そんなものがないことは、私たちすべての人が日常的に悩みを抱え、
時には頭を砕くような絶望に打ちひしがれてしまうことでも明らかでしょう。

逃げ回り、魔法を期待している限りはその人は同じことを繰り返し、
同じことを繰り返すための正当化を続けいるにしか過ぎません。

失敗するかどうかはやってみないと分かりません。
結果的に成功すればとてもうれしいですし、
失敗してしまったら仕方ないことなのです。

失敗しない確率を上げることはできますが、
絶対に失敗しないことを求めるのは、妄想なのです。
妄想は現実ではありません。
現実でない妄想にしがみつくと、余計な苦しみがあるだけなのです。
あり得ないことは絶対に手に入らないからです。

余計に苦しみを作って、自分で苦しんでしまうだけなのです。

さらには、失敗するか成功するかは

行動すること

が大前提となっています。

行動しないことには、成功も失敗もないのですし、
不快なものや苦手なことに対するスキルも身につきません。

自転車に今は難なく乗ることができる人も、最初は倒れたり、けがしたりしながら
運転を学んだはずです。

けがするのが怖いと言って運転を避けていると、決して運転はできません。
いつまで経っても運転できない(運転しない)自分が嫌になります。
嫌になると、今度は寝ている間に楽々と乗れる能力が身について、
明日は倒れることもなく運転できる魔法を妄想し始めます。

とても愚かなことです。

行動しようと決意しただけで、思考はさまざまなことを囁き始めます。
囁くどころか怒鳴り倒し始めます。

失敗したら大恥をかくぞ
みんなに笑われるぞ
取り返しのつかない心の傷になるぞ
二度と何かをしようと思わなくなるぞ

と恐ろしいことを大声で怒鳴り始めます。

これらの怒鳴り声に従うと、やはりこれまでの自分がいるだけなのです。

しかし、朗報があります。

思考は、囁いたり、怒鳴ったりするだけしかできないのです。
思考は行動を支配しません。
行動できるのは私たちだけなのです。

思考が何を言おうが、自分の頭の中だけの出来事なのです。

〜するな
〜しろ

という命令の言葉を私たちにするだけであって、
その命令に従うかどうかは私たちが決めることなのです。

思考の命令の声は消すこともコントロールもできませんから、
思考がどんな命令をしようと、それとは違うことができるのです。

私たちの頭の中でどんな恐ろしい思考の命令があろうと、
他人から私たちを見ると、何も見えないのです。
実体がないものなのです。

脳が作り出す実体がない思考という幻想に脅かされているにしか過ぎません。

何かをしようとすれば、失敗を恐れるのは当たり前のことです。
どんなに恐れようが、その恐れを持ったまま、それでも自分がやりたいことをするだけです。
恐れは自分の外に存在するもの、実体があるものではありません。
脳内に、実体のないいろんな恐れを持ったまま、行動するのです。

そうすることによって、私たちはこれまで不快なことや嫌なことに対するスキルが磨かれてゆくのですから。

思考と行動の分離は訓練によって身につきます。

私たちはこういったことを研究して、実践し、人生に持ち込んでいます。

一度しかない人生を活き活きと生きるために。

★『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。



【自己変革のための生まれ変わりセミナー】

http://v-d-s.net/?page_id=17945


1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296


【5月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

5月からメンタルサロンは第1,第3日曜の15時半から行うことになりました。

5/ 7 15時30分から
5/21 15時30分から

■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/