ストレスは溜まるもの? 本当のストレス解消法

ストレスが溜まって胃が痛い

ストレスが溜まって寝付きが悪い

ストレスのせいでイライラする

私たちはこんなことを疑いもせず日常的に考え、日常的に使います。

そして、胃が痛い人は胃薬を飲み、
寝付きが悪い人は睡眠薬を飲み、
イライラする人は運動や趣味や八つ当たりなどで発散します。

でも、よく考えるとおかしいですよね。

「ストレスが溜まる」から胃が痛くなったり、寝付きが悪くなったり、イライラしたりするのに、
「ストレスが溜まる」ことに手をつけずに、対症療法に徹しています。

確かに、薬を飲んだり運動をすると、一時的には胃の痛みは治まり、寝ることもでき、イライラも発散するでしょうが、
しばらくするとまた同じことを繰り返してゆきます。

一時的な症状の緩和と引き換えに、長期的に見ると同じことを繰り返してしまうのです。

仕事でも同じ状況、同じ作業をすると、同じ失敗を繰り返し、
そのたびに同じ対処をして、また同じことをする人をどう評価するでしょうか。

私たちはこういった人と同じことをやっているに過ぎないのです。

同じ失敗を繰り返して、そのレベルにとどまることをせずに、
その代わりに他のことができたらもっと可能性は広がるはずです。

そもそもストレスは「溜まる」ものなのでしょうか。

「溜まる」という言葉を使うと、ストレスが何か物質のような気がして実体があるかのように勘違いします。

ストレスにやられた、ストレスが溜まっていると主張する人はたくさんいますが、
ストレスを実際に見た人はあるのでしょうか。

ストレスというものを見た人は誰もいないでしょう。

実体がないものは「溜まりようがない」のです。
実体がないものは、実体がないのですから幻想や妄想なのです。

幻想や妄想を相手に対処なんてできません。
頭の中に現れた幻想や妄想を相手に、

それら(幻想や妄想など実体がないもの)が原因で体調を壊した

と主張しているのです。

実のところ、私たちがストレスが溜まったと主張しているのは、

モノに対する解釈によって、苦悩が強くなった

と言うことなのです。

ここで、

モノとは、現実であり、実体がある物質や出来事であって、本来意味のないもので、
人から観察可能なもののことです。

解釈とは、脳内の思考の産物であり、実体がなく、意味や価値、
比較や評価、理由づけに彩られたものであって、人からは観察不可能なものです。
つまりは、幻想や妄想と同じであって、実際には存在しないものなのです。

例えば、同じ体験(悪口を言われた、怒られた、たくさんの人の前でプレゼンをするなど)をしても
苦しむ人と苦しまない人がいます。
その体験を何回かすると、苦しむ人には心身の不調が見られ、
苦しまない人には心身の不調はありません。

よく考えると、モノ(上の例では体験)には良いも悪いも、きれいも汚いも、優劣も本来はありません。
モノがあるだけ、出来事が起きただけ、言葉が発せられただけなどです。

私たち人間がこのモノに対して勝手に解釈して意味づけているだけです。
人間のいないところでは、評価も解釈も道徳も価値観もありません。
モノがあり、出来事があるだけです。

しかも、その評価なども人によって、文化によって、宗教によって、時代によって違います。
相対的なものにしか過ぎません。
絶対的なものでもなく、宇宙の法則でも、真実でもないのです。

私たちはある状況に陥ったり、あることに出くわすと、それを解釈します。
この解釈がその人にとって苦悩を生み出すものであるならば、
その解釈自体が問題となるのです。

しかし、解釈は上に述べたように頭の中に発生する幻想や妄想の類いであって、実体がないものですから、

その正体が実体のない幻想や妄想であるならば、それに反応しなければいいだけなのです。

悲しいかな、それでも私たちは幻想や妄想にとらわれて、それを現実だと信じてしまうために、

反応しないなんてできない

と自動反応したあげく、どうして反応できないかその理由づけすら始めます。

そうすると何が起こるかと言えば、

解釈に振り回されて心身の不調を生じさせる人生を歩む決意をしている

だけなのです。

今は病気だから

今はその時でないから

いつかなんとかなる

頑張ったけれどできない

そんなこと嘘だ

おまえが間違っている

などと言ったところで、今の自分は何も変わらないことを主張しているだけなのです。


あなたを変えると、世界が変わる

というのは、私たちV.d.s.のスローガンですが、
実は、あなたを変えるという意味は、


あなたとあなたの思考の関係を変えること

なのです。

そうすると、本当に世界が変わります。
なぜなら、世界はあなたの解釈によって成り立っているからです。

決して胃薬や睡眠薬を飲んだり、発散して、長期的に見たら同じことを繰り返すのではなく、

これこそが本当のストレスの解消でしょう。

★『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。



【自己変革のための生まれ変わりセミナー】

http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは
間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。



【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、
サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【5月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

5月からメンタルサロンは第1,第3日曜の15時半から行うことになりました。

5/21 15時30分から

■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

広告