とても短期間で不安や恐怖を低減するセラピー

とても短期間で不安や恐怖を低減させるセラピーを公開しました。

実はもともとV.d.s.でも公開していたのですが、
メンバー同士で研究を重ねて、あらためて公開することになりました。

私たちは、不安になったり、恐怖を感じたりなど、
不快な考えや感情を持つと、

それは悪いものだ

と思い込み、


そういった不快な考えや感情がないのが幸せだ

と一方的に信じ込んでいます。

でも、自分や他人を振り返ってみても、
不快な考えや感情を失くした人を見たことはないし、
どんなに頑張っても、生きている限り繰り返し日常的にこれらを体験することから、
不快な考えや感情をなくすことはできないことが経験的に分かっています。

誰でも、生きていると不快な考えや感情を持つものなのです。
生きている代償としてこれらがある
のです。

つまり、不快な考えや感情を持つことは異常でもなんでもなくて


まさに人間として正常な状態である

ということなのです。

むしろ、不安や恐怖など不快な考えや感情がない状態こそ、
異常で有り得ないもの
であって、有り得ないものは永遠に手に入らないのです。

永遠に手に入らないものを手に入れようとすると苦しみます。
不快な考えや感情を失くした「幸せ」になろうとして、
新たな苦しみを作り出します。

私たちの人生に喜びや楽しみがあるように、
悲しみや怒りなどもあります。

自分にとって都合が悪い考えや感情だけを切り分けて、
きれいさっぱりなくすことなんてできません。

ですから、私たちの本当の苦しみは、不安や恐怖など不快な考えや感情があることではなく、

これらのためにやりたいことができないこと

本当の苦しみだといえます。

しかし、多くの人は、出来もしないのに不快な考えや感情をなくすために必死になります。
一時的には成功して、ホッとするのですが、
しばらくしたり、同じ状況になると、またまた必死に
不快な考えや感情をなくそうと無駄な努力をします。

気がつくと年齢分、同じことを繰り返しています。

振り返ると、なくそうと努力した分、やりたかったことができなくなっていたり、
さまざまな理由付けをして逃避や回避してきた分、
よけいに人生や生活がつらくなって、
歩みたかった人生を歩めなくなってしまったのではないでしょうか。

生きていると、あらかじめ苦しいことがセットされていることに気がつきます。
別れ、死、年取ること、病気になること、思いが叶わないことなどがそうです。
避けることはできませんし、避けようとしても
これらの方から勝手にやってきます。

これら人生にあらかじめセットされている苦しみは

きれいな痛み

と言います。

なぜなら、生きている代償として、人間として必ず経験するからです。

しかし、私たちは

実在しない未来や過去という妄想にのめり込み、
不安を感じたり、後悔をしたりします。

人の気持ちなんて、直接観察も出来ないし、
そもそも考えなんてその人の頭のなかで発生する実体のないものであるのに、
それを読み取ろうと、出来もしないのに苦労しています。

結局は自分の考えを見ているに過ぎないのに、
それを相手の考えや感情だと思い込んで、破滅的な行動をとることもしばしばです。
深読み、邪推、思い込み、決めつけというものです。

自分の考えに自分が苦しんでいるだけなのです。

あるいは、人は出会うと必ず別れがあるのに、
別れがない関係を維持しようとして、よけいに苦しみます。

これらの苦しみは、きれいな痛みとは別物です。
この痛みは不必要に苦しみを作り出し、生活や体や心や対人関係などに役立たない影響を与えます。

これらを

汚い痛み

といいます。

私たちが人間である以上、汚い痛みもきれいな痛み同様、避けることは出来ませんが、
きれいな痛みと違って、低減することはできます。

私たちは低減をする、と言えば、すぐに汚い痛みを忘れようとしたり、
避けようとすることを思いつきますし、実際にこういったことしかやってこなかったでしょうが、

上に述べたように、そのようにすれば、ますます苦しみます。
あるいは同じことを繰り返して、やりたいことができなくなります。

私たちV.d.s.は、この汚い痛みをやや強制的に減ずる方法を開発しました。
開発と言っても目新しいものではなく、認知行動療法で使われているエクスポージャーをもとに組み立てられています。

不快な考えや感情は避けたり、切り取ったり、忘れたりできないのです。
むしろ、完全に受容するしかないのです。

これは前回のブログで書きましたので、興味がある方はもう一度読んでみてください。

この完全受容こそが、結果的に汚い痛みを減ずることができるのです。

たったの10数分で10年来のパニック障害やさまざまな不安から解放された人も多くいます。
一方で数回のセラピーが必要な人もいましたし、
若干ながら効果がなかった人もいました。

このセラピーは、確実に効果があるものならば試してみる、という方はお断りしています。

万能な方法を求めたり、未来が確実でないと行動できないなら、
今のままを維持するしかないですから。
このように、自らの意思で有り得ないものを求め続けているからこそ、
今にとどまっているとも考えられるからです。

二進も三進もいかなくなった人で、本当にどうにか汚い痛みを減じたい人は申し込んでみたらいかがでしょうか

【催眠などを利用した超短期間で改善を目指すスーパー・ブリーフ・セラピー】

詳細は以下のページからご覧ください。
http://v-d-s.net/?page_id=19926

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】

http://v-d-s.net/?page_id=17945

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【4月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 4/16 メンタルサロン 15時30分から
 4/23 メンタルサロン 15時30分から
———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

プロの患者と呼ばれる人

数日前に心理療法をしている私の友人から

なかなか改善しない人がいるので手伝って欲しい

との連絡があり、急遽ヘルプをしに行きました。
対象の方は医師からの紹介を受けてやってきたのですが、
うつ、適応障害、パーソナリティー障害などを持っているとのことで、
長年投薬を受けながら心理療法の併用を3カ月ほどしているそうです。

友人の事務所で、その方が来るまでにこれまでの経過とともに、
その人の名前と住所を見て、あることを思い出しました。

その方は、私の別の友人のカウンセラーのところに出入りしていた人だったのです。
それはもう4年くらい前のことです。
その別の友人も手こずった人でした。

最初のうちは

つらい
何とか立ち直りたい
そのためにはどんなことでもする

と言うのですが、

催眠を使用する直前にコーヒーを飲んできたり、
心理療法に非協力的になったり、
薬や症状の説明を専門家顔負けに説明したり、
論争を挑んできたり、論破しようとしたり、

挙句には、

どれほど苦しいか人にはわからない
障害者だから
病気だから

と苦しさや障害者で自分を守ろうとしているような人でした。

守っている自分こそが改善が必要であることすら忘れて、
あらゆる理由づけで自分を守ろうとしていました。

医師やカウンセラーに対して

お金がない
時間がない
私にはできない
治る希望が持てない
私のことなんて誰にもわからない
今すぐここで死にたい
病人に配慮しろ
病人である私にはあなたの言うことはつらい

こう言い続け、医師やカウンセラーを変えながら
少なくとも4年間は現状を維持
し続けているのです。

自分を変えるために、変わらない理由づけを人に訴えながら、
どうして変わることができるのでしょう。

そして、変わらないためのいろいろな理由づけは
頭の中の出来事であり、本人を支配しないのはもちろんのことです。
その理由が、たとえどんなに本当に見えても、
頭の中にしかない理由がその人の行動を支配することはないのです。
それが行動を支配していると、そう思っているだけなのです。

頭の中の囁きはもっともらしいものばかりです。
しかし、どんなにもっともらしいものであったとしても、

それを信じたら、変わらない自分がいる現実

には変わりありません。

そして、その自分を変えたいと思っているにもかかわらず、
変えない理由づけを必死で訴えること自体、

今の苦しい状況を維持していることに変わりはない

のです。

多くの場合、改善するより、今の状況でいる方が何かしらのメリットがあると感じているのです。
こういったものを、以前にも書きましたが

疾病利得

というのです。

疾病利得がある限りは、改善はできないでしょう。

ミルトン・エリクソンすらこういった人のことを

プロの患者

として退けていました。

私は友人にその方の心理療法をすぐにやめるように助言しました。
その方にとっても、その友人にとっても労多くして益はない、無意味だ、と。

4年前の別な友人は、その方に

その病気を改善するためにここに来ているのに、
病気を理由にできないことばかり言うと、改善すらできないですよ

と言ったとたん、怒ってそのまま来なくなったようです。

人生で最も大切な自分自身の生活や人生の目標を邪魔している
さまざまな障害を除去するために、

自分にはできると思わない
時間がないと
お金がかかる
いずれまた
成功する保証が完全にあるなら
場所が遠すぎる
そんな余裕すらない

という理由がどれほど意味がないか分かり、行動できる人は
きっと症状も捨てることができる
でしょう。

避けたいことからさまざまな理由をつけて避け続けている限り、改善の道は遠いものです。
避けたいことに対して、それを受け入れる気持ちが症状を捨てさせるのですから。

もし、その症状がなくなったら、避けていたことと対峙してしまうのです。
そのことに不都合がある人は、症状を持つことを選択しやすくなります。

しかし、避けていたことに対して前向きに取り組み、たとえ不快であったとしても、
それを受け入れる人は、症状を捨ててしまいます。

私たちのプログラムはそういった人たちのお手伝いができるものとなっています。

思考や感情が、生活や人生に対して大きな影響力(悪い意味での)を持たなくなるとき、
いろんなことを楽しむことができるようになります。

なによりも、人生は嫌なことがたくさんあります。
望まなくてもやってきます。
それでも、それとともに、それもまた人生の一部なのですから、
それらを受け入れて、それらとともに歩むことはできますし、
それしか方法はないのです。

なぜなら、現実に起きたことを思考で否定したり、感情をごまかしたりしても、
現実は現実
なのですから。

マインドフルネスは、ビジネスで成功したり、幸せを感じ続けるようなものではありません。
私たちに役立たない影響を及ぼす思考や感情の影響力を低減する方法なのです。

地道ですが、確実に変化をもたらすものでもあります。
症状の有無にかかわらず、自分自身を向上させたい人にはうってつけのものでしょう。

私たちの人生は一度きりで、いつ終わるか分かりません。
とても大切なものなのです。
だとすれば、苦しみの中で人生を浪費するより、苦しみがあっても、
それでも活き活きと生きる人生を歩みたいものです。

なぜなら、苦しみがない人生なんて単なる妄想であり、苦しみは放っておいてもやってくるものだからです。
妄想を求めると人生はますます苦しいものとなります。
生きる代償として苦しみはあります。
この現実を受け入れて、苦しみとの関わりを変えながら、
私たちは、物理的に不可能なこと以外は、できるのですから。

私たちV.d.s.には活き活きと生きるための大きな三本柱があります。

もし、頭から湧き出す思考や不安などの感情に左右されない行動をとることができたとしたら、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (マインドフルネスなどの使用)

もし、原因の追及に力を注ぐ問題志向ではなく、
原因はともかく今から未来に向けての解決志向を基本原理とするならば、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (解決志向型の戦略)

もし、私たちが持っている自己治癒力を増進するかもしれないものを
最大限に増強することができたとしたら、一体私たちはどうなるでしょうか。

この三つを軸に私たちはさまざまなことを考え、実践しています。

その目的は

一度しかない人生を活き活きと生きる

ということに尽きます。

◎メンタルサロンで行うこと

私たちはV.d.s.は、マインドフルネスをできるだけたやすく身につくように
さまざまな研究を重ねています。
さらに、マインドフルネスを中心に、行き詰まり、苦悩に打ちのめされた人たちが
根本的に変化できるようさまざまな手法を開発しています。

メンタルサロンhttp://v-d-s.net/?page_id=17296)では、マインドフルネスが初体験で、
何をどうやったらいいのかわからないという人にうってつけです。

楽しく、そして身につくものを提供しています。
ぜひ、興味がありましたら参加してみてください。

一緒に楽しみましょう。

■マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、不安やうつなどの改善だけではなく、
人生や仕事を豊かにするための大きな力となるものです。
仏教のヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除き、心理的技術として確立しました。

その有用性は、Google社やFacebook社が社内教育に取り入れるほどです。

■霊気体験

時間があれば、希望者に対して本当の霊気も体験してもらいます。
私たちの霊気についてはこちらを参考にしてください。

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=15283


【9月メンタルサロン】

霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

9/14 メンタルサロン 19時
9/18 メンタルサロン 16時
9/28 メンタルサロン 19時

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

メンタルサロンの後のお祝いのラーメン ~ 10年来のパニック障害の改善

今日のメンタルサロン(霊気)はとても楽しかったです。
参加者の皆さん、ありがとうございました。

違った霊気の流派の方々との深いお話は尽きないものがあります。

さて、16時からは先週の「霊気の源流を訪ねる旅」に参加したH君がやってきました。
H君は、10年以上パニック障害に苦しみ、食後やちょっとした運動の後は過呼吸になり
何度も救急車を呼んでいました。

(この内容はH君の了解を得て掲載しています)

最近少し症状は落ち着いてきたようですが、それをもっと改善するために霊気を受け、
そして自ら学んでいたといいます。

今日、霊気体験にやってきたH君。
悪戯心を起こした私が、あることをしました。
悪戯心とは、

H君の症状をなくしてしまおう

ということでした。

10分くらいあることをしました。

そして、H君に聞いたのです。

この事務所は7階にありますが、1階から7階まで走って上がってくるといつもなら何階でパニック症状を起こしますか

H君曰く

2階くらいまででアウトです

では、1階から3階まで走って上がってきてください。3階からエレベータを使ってここまで戻ってきてください

かなり不安になりながらも事務所を出るH君。

お菓子を食べながらぼんやりとして事務所で待つ私。

しばらくして、ドアを開けて入ってくると同時にH君は、

3階まで来て症状が少し出かかったのですが、すぐになくなったので7階まで走ってきました

とほとんど叫ぶように言いました。

めちゃくちゃ嬉しい私と、信じられない顔をしたH君

10年間絶対にできなかったことができてしまいました・・・

二人でお祝いの家系ラーメンを食べました。

私が何をしたのかって?

それは秘密です、と言いたいですが、少しだけ書いておくと

霊気の持つ心の安定作用と心理療法を組み合わせたのです。

このように私たちV.d.s.はミルトン・エリクソンのやり方を導入した心理療法も行っています。

きっと、本人にも魔法のように見えたことでしょう。

しかし、これはスキルなのです。

スキルは魔法ではありません。

私たちV.d.s.には活き活きと生きるための大きな三本柱があります。

もし、頭から湧き出す思考や不安などの感情に左右されない行動をとることができたとしたら、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (マインドフルネスなどの使用)

もし、原因の追及に力を注ぐ問題志向ではなく、
原因はともかく今から未来に向けての解決志向を基本原理とするならば、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (解決志向型の戦略)

もし、私たちが持っている自己治癒力を増進するかもしれないものを
最大限に増強することができたとしたら、一体私たちはどうなるでしょうか。

この三つを軸に私たちはさまざまなことを考え、実践しています。

その目的は

一度しかない人生を活き活きと生きる

ということに尽きます。


◎メンタルサロンで行うこと

私たちはV.d.s.は、マインドフルネスをできるだけたやすく身につくように
さまざまな研究を重ねています。
さらに、マインドフルネスを中心に、行き詰まり、苦悩に打ちのめされた人たちが
根本的に変化できるようさまざまな手法を開発しています。

メンタルサロンhttp://v-d-s.net/?page_id=17296)では、マインドフルネスが初体験で、
何をどうやったらいいのかわからないという人にうってつけです。

楽しく、そして身につくものを提供しています。
ぜひ、興味がありましたら参加してみてください。

一緒に楽しみましょう。

■マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、不安やうつなどの改善だけではなく、
人生や仕事を豊かにするための大きな力となるものです。
仏教のヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除き、心理的技術として確立しました。

その有用性は、Google社やFacebook社が社内教育に取り入れるほどです。

■霊気体験

時間があれば、希望者に対して本当の霊気も体験してもらいます。
私たちの霊気についてはこちらを参考にしてください。

【病気のための霊気療法】

http://v-d-s.net/?page_id=15283

【8月、9月メンタルサロン】
霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

8/24 メンタルサロン 19時

9/ 4 メンタルサロン 16時
9/14 メンタルサロン 19時
9/18 メンタルサロン 16時
9/28 メンタルサロン 19時

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945