モノがあって、モノが動いているだけ

私たちは悩み苦しみ、その原因を追及して人や自分、社会を責めてしまうことがよくあります。

こんな辛い気持ち、悲しい気持ちなんてなくなってしまえ!

よくそう思います。

しかし、辛いものや悲しいもの、苦しいものがなくなってしまうことは絶対にありません。
これらは誰もの人生に付きものなのですから。

これらは望まなくてもある日、ひょいとやってきます。
絶対に避けることができません。

さらに苦しみ深い人は、

人生によいことだけ、自分が嬉しいことだけがあって欲しい
自分は毎日ベストであり、ハッピー

という妄想を持ちます。

いくらそう思っても、現実には苦しみや悲しみがやってきます。
現実を無視した思いは、妄想といわれるものなのです。

辛いこと、悲しいこと、苦しいことをなくした人を誰も見たことはないでしょう?
あり得ないことを望むと、今度はその苦しみなどの原因を突き止めようとします。

自分、社会、他人、運命、家族・・・

そこに原因を見つけ出すと、それらと戦い、あるいは逃げ出してこれ以上苦しまないでおこうと思います。

しかし、どんなことをしても苦しみなどは影のようにつきまといます。
苦しみを人生から取り払うことは絶対にできません。

とても苦しんでいる時、
その苦しみが生々しさを持ってどうしようもない時、
周りを見渡してみましょう。

私たちの生々しい苦しみとは関係なく、世界があることが分かります。
私たちが苦しむ前と、苦しんでいるとき、苦しんだ後も、
私たちを取り囲む現実は何も変わっていません。

モノがあり、モノが動いているだけ

です。

モノやモノの動きに、私たちが解釈を与えて、意味づけをします。

好き・嫌い、正しい・間違い、大きい・小さい、快・不快・・・

この解釈に伴って、感情が湧き出てきます。
どういう解釈をして意味づけをするのかは、その人の脳が自動的に決めてしまいます。
いったんそうなると、

本来意味のないモノや、モノの動きに意味があるように

思います。

それを事実だと信じ込むと、苦しさに生々しさが付け加わります。
生々しいから、現実のように思うのです。

しかし、どんな生々しい苦しみであったとしても、意味づけというサングラスの色を通して、
本来無色透明のモノやモノの動きを見ているだけなのです。

私たちは、サングラスを通してモノを見ていることすら忘れて、
あたかも、世界が自分のサングラスの色であると信じてしまっています。
だから、他人も自分が見ている色と同じ色に違いない、そう信じています。

実は、苦しみなどは、モノやモノの動きから生まれるのではなく、
そのサングラスから生まれるのです。
だから、いくらモノやモノの動きを避けても、
サングラスをかけて、世界がその色であると信じている限り、
苦しみなどは生々しく襲ってきます。

もし、苦しみなどが外の世界に存在するモノではなく、
自分の思考から生まれるモノであると知るなら、
そして、その思考は脳が自動的に創り出すモノで、
現実そのものを反映しているモノでないと知るなら、
現実は、モノがあって、モノが動いているにしか過ぎないと言うことを知るなら、

これまで感じていた苦しみの生々しさは色あせてゆくことでしょう。

サングラスをかけていることを知り、
サングラスを外してみると、

モノがあり、モノが動いているだけ

を知ることでしょう。

私たち人間は、生きている限りサングラスを取って生活をすることはできません。
思考を捨てて生きることはできないからです。

それでも、思考が現実ではないこと、思考の内容が万人共通のものでないことを知ると、
人生で避けられない苦しみから、必要以上の生々しさを削ぐことができます。

これまでは、その生々しさに圧倒され、逃げだし、戦い、あるいはフリーズしてきました。
そうすることによって、自分や人を傷つけたり、役に立たない行動をしてきました。

しかし、その生々しさは自分の脳が創り出しているものに過ぎない、と分かるとき、
私たちの行動は、役立つものとなるでしょう。

苦しみなどは避けられないものですから、

避けられないものをありのまま受け入れ、
苦しみが不必要なものを省き、
そして、苦しみがあっても、そのまま人生を通過できる

ようになります。

苦しみなどで人生の歩みが停滞することもなく、
人や自分を責めて傷つけることもなくなるのです。

妄想の世界は、激しく、彩り豊かで、感情が渦巻いて、
常に何かの責任を追及し、ありありとしています。
妄想は自分が創り出しています。

現実の世界は、

モノがあって、モノが動いている
ただ、それだけ

なのです。
これらモノやモノの動きは私たちの思考とは関係なくそこにあるのです。

それが分かると、どんな苦しみがあっても、
そこからは自由となることができるのです。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】

http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

広告

本当の霊気療法

11月から私たちは

心身改善臼井靈氣療法研究會

を設立しました。

霊気療法の開発者である臼井甕男先生は、霊気を病人の治療に使っていました。
これを臼井霊気療法といいます。

そして、私たちは心身改善臼井靈氣療法學會(設立者 臼井甕男)から直接に派生した
正統な臼井霊気療法を伝え実践する団体です。

私たちの団体については

「心身改善臼井靈氣療法研究會とは」

http://v-d-s.net/?page_id=22719

http://v-d-s.net/?page_id=22713

をご覧下さい。

霊気療法実践者は、西洋レイキも含めると世界で500万人から800万人いるとも言われています。
現在、このうち95%以上が西洋レイキです。

この西洋レイキは、日本発祥の伝統霊気(臼井霊気療法やそこから派生して海外に持ち出されなかった霊気療法)が
海外に持ち出された際、
チャクラやオーラ、波動、高次の自我との接触や第4シンボルなどを唱えるようになり、
もともとの伝統霊気にはなかったスピリチュアルが混在して、
似ても似つかないものになってしまいました。

このように西洋人好みに作り替えられた西洋レイキは
瞬く間に全世界に広まりました。
世界に広まったレイキは、スピリチュアルな西洋レイキとして日本に逆輸入されました。

西洋レイキは、伝統霊気が行っている病気の治療より、地球とのつながりや
チャクラ・オーラの調整などの浄化、ヒーリングなどスピリチュアルに重きを置いています。

伝統霊気には、チャクラやオーラといった概念はありませんでしたし、
地球とのつながりなどスピリチュアルなものはありませんでした。
ただひたすらに病気の治療をしていました。

霊気療法でのお手当ては、リラックスする効果がありますので、
その効果が心身に大きな影響を与えることは間違いないと思われます。

手を当てる行為は、看護や認知症のケアの場でも導入されています。
たとえばタクティールケアやタッチングケアと呼ばれるものです。
そして一定の効果を生んでいるのも事実です。

私たちの伝統的な霊気は、西洋レイキのように単に手を当てるのみならず、
打手、撫手、押手なども利用します。
臼井先生が行っていた霊気療法もこのような手の使い方をしていました。

見た目はタクティールケアやタッチングケアによく似ています。

また、呼気法や凝視法も併用しています。
これも臼井先生の時代に行われていた霊気療法なのです。

この霊気療法は、肉体的な不調だけではなく、精神的な不調を改善するお手伝いをします。
実際にパニック障害や不安障害、その他の症状の改善に大きな成果を示すことがあるとも言われています。

臼井霊気療法とは、一般に誤解されている「悟りを得るため」「安心立命」ではなく、

霊肉一如となって平和と享楽の生涯を完うし、
傍ら他の病者を癒し、自他共に幸福を増進することが使命

と、『公開傳授説明書』で、臼井先生が自ら述べておられます。

私たちもその原点に返り、
病気の改善のサポート(「お手当て」と言います。治療行為は医師しかできないため)に特化しています。

私たちはこの霊気療法をベースとして、 単なる癒しではなく各個別の症状の改善を強力にサポートします。

特徴と効果

・癒やしやヒーリングといった西洋レイキではなく、病気改善のためのオリジナルな臼井霊気療法です。
・単に手を置くだけではなく、臼井霊気療法の手法(凝視法、呼気法、打手、撫手、押手などの方法)を使用します。
・肉体的ダメージだけではなく、うつなど精神疾患に対しても効果が期待できます。
・副作用は全くありません。

体験する

霊授会で行われている研究会に出席することによって
正統な臼井霊気療法を体験することができます。

詳細は http://v-d-s.net/?page_id=22713 から確認して下さい。

 

学ぶ

入会してしっかりと臼井霊気療法を学ぶことができます。
カリキュラムと技法は可能な限り初期の心身改善臼井靈氣療法學會を再現しています。

ただし、西洋レイキと違って以下の入会制限があります。

初期の心身改善臼井靈氣療法學會では以下の二つを禁止事項に挙げていました。
本会もそれと同じくしています。

入会にあたっては、以下の禁止事項を厳守することに同意していただきます。

1.秘密の厳守

初期の心身改善臼井靈氣療法學會の入門願いには以下のようなことに同意する必要がありました。

總テノ秘法ハ第三者ニ漏シ申間敷候

本会でもこれと同じく、学ぶすべてのことは第三者に漏えいすることなく、秘密を厳守してください。

2.営利目的の禁止

上に挙げた入門願いには以下のようなことにも同意する必要がありました。

猥リニ營利ヲ目的トセズ人類病災救濟ヲ第一義ト致シ候ニ付キ
入門御許可ヲ下サレ度

私たちの目的は病気に対するお手当てであって、決して個人がサロンを経営して商売をすることではないのです。
西洋レイキのように習得後は独立してサロンを経営して儲ける、といったお金儲けの手段ではないのです。
したがって、本会でも個人が本会の名前を使用して営利目的でお手当てをすることを原則禁止としています。

会員個人が本会の名を使用して有料でお手当てを行う場合は、あらかじめ理事会の許可を必要とし、
その場合でも1回のお手当て料は本会が規定する額を上限とします。

それとともに次のことも禁止します。

3.他の霊気療法との混同

本会の臼井霊気療法は純粋なものであるため、
お手当ての際は他の霊気療法やスピリチュアルなヒーリングなどと
混同して行わないこと。
ただし、本会が認めているタクティールケア、タッピングタッチ、あんま等と併用することはできます。

真面目に正統な霊気療法を学びたい方をお待ちしております。

———————————————

【私たちについて】

http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

霊気療法をすることは、マインドフルネスをすることでもあります

私が霊気療法をする理由はいくつかありますが、
そのうちの一つが、

思考や感情との関わりを変えることができるから

というものがあります。

つまり、霊気療法中に、自分の思考や感情から距離を置くことができるからなのです。
マインドフルネスを行っているのです。

霊気療法を行っている時、
よく無念無想になりなさい、欲望をなくしなさいと言われます。

言うのは簡単ですが、本当に思考と欲望をなくすことはできるのでしょうか。

無念無想になることができる
欲望をなくした

と自分で主張する人はたくさんいます。

でも、生きている限り思考や感情は自動的に発生するものです。
自分の意志とは関係なく脳は活動しています。
脳が活動すれば、当然思考や感情が出てきます。
脳が活動している限り、無念無想は無理です。

そして当然、欲望も出てきます。

私たちの体は、放置していたら死んでしまいます。
水分や食物を補給したり、呼吸をしたり、睡眠をとったりと、
いろいろなことをし続けなければ死んでしまいます。

常に生命を維持する行為をしなければ死んでしまうのです。
生存欲もそうですが、私たちは欲望を持たないと死んでしまいます。

思考をなくし、欲望をなくすとは、
死んでしまうか、脳を壊すかしないとできない
ことが分かるでしょう。

そうではなく、もう一つ、方法があります。

思考や感情の発生は生きている証拠です。
思考や感情はありありとし、まさに今、そこにあるかのように錯覚させますが、
思考や感情は、自分の外にはなく、頭の中にしかないのです。

どんなにリアルに見えて感じても、他人からは見えないのです。

とても悩んでいる時、周りを見渡してみましょう。
あなたの悩みとは関係なく世界が存在することは分かるでしょう。

どんなに強く死にたいと強く思っても、
あなたとは関係なく太陽は輝き、他人は楽しくすごし、電車やバスは時刻通り出発します。

悩みも苦しみも、他人と共有できず、他人に体験させることもできず、
他人に見せることもできません。

全部自分の脳内にあるのです。

自分だけにしか見えないイメージや記憶、
自分だけにしか感じない感情や身体感覚などは、
幻想や妄想の類なのです。

私たちはいとも簡単に思考や感情が事実であると信じてしまいます。

事実とは、自分の頭の中の出来事ではなく、誰もが観察できるものなのです。
そして、単にあるだけであって、本来は意味がないものです。

思考は本来は意味がない事実に対する

自分の解釈(判断、意味、比較、優劣、価値、正誤など)

であることを忘れています。

事実そのものからは苦しみは出てきません。
事実の解釈によって苦しむのです。

事実の解釈、つまり事実そのものではなく、
自分の解釈で自分が苦しんでいるのです。

他人が全く同じ解釈をするかどうか分かりません。
自分の解釈で自分だけが苦しんでるだけなのです。

思考や感情は脳が創り出すものです。

私はダメなやつだ

という思考が頭に浮かぶと

ほとんどの人は

私 = ダメ

と信じます。

事実は

私は「ダメ」という思考を持っている

だけなのです。

もし、「ダメ」という考えが今、頭から消えてしまったら
もし、そもそもそんな考えが思い浮かびもしなかったら

無意味なモノしかそこにないはずです。

思考と距離を置くとは、思考そのものを信じることなく、
単に脳内に思いついた幻想や妄想としてとどめておくのです。

こうすることによって、思考や感情に巻き込まれ、
人間関係や日常生活、人生を台無しにしたり、
役立たないものにしたりする行動を減らすことができます。

思考や感情は、雲のように湧き出て、いずれはどこかに消えます。
雲を持っているだけであって、私自身が雲そのものではないのですから。

私は、霊気療法中にずっとこんなふうに自分の思考を眺めています。
「今、ここ」に高度に集中し、浮かび上がる思考や感情を価値判断せず、
そのまま受け流している
のです。

そうすると、お手当て中の相手の体と私の手の区別がなくなる感覚、
自他の区別がなくなる感覚があります。

そんな状態を例え話として

無念無想

というのでしょう。

さまざまに湧き出てくる思考や感情を眺めながらやり過ごしてゆくのです。
霊気療法はこんな時、とても効果を出すことがあります。

霊気療法はマインドフルネスと同じもの

霊気療法をしながら、マインドフルネスを行うのは
自分にとっても相手にとってもいいものではないでしょうか。

正統な伝統霊気療法を、相手はもちろん、
自分自身の本当の成長やより良い変化のために学びませんか?

■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な方法を開発する一方、霊気療法も行っています。
スピリチュアルな西洋レイキではなく、もともとの霊気療法がおこなっていた
病気の改善に特化したものです。
臼井霊気療法学会が行っている本当の霊気療法です。

見た目はタクティールケアやタッチングケアによく似ています。

体の不調だけではなく、実際にパニック障害や不安障害、
その他の症状の改善に大きな成果を示すことがあります。

西洋レイキでは習得に何十万円もかかるようですが、
私たちは霊気療法をできるだけ広めるために、
その習得をとても安価に提供しています。


【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、
サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法なども
ざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【メンタルサロンの日程】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

第1,第3日曜の15時半から行います。

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

苦しみがないことが「本当の幸せ」ではない

私たちV.d.s.には、人の体と心を健全にし、本当の意味で幸せに生きて、
寿命を全うする二つの方法があります。

一つは、思考や感情との関わりを変えることによって、
私たちが本来歩んでみたかった人生を歩めるようにすることです。

心理学や脳科学をもとにしている私たちの考えはとてもシンプルです。

私たちのすべての悩みは脳が生み出す幻想や妄想にしか過ぎない

ということです。

私たちがもがき、悩み、苦しんで絶望している時は、私たち自身の頭の中にある
思考や感情に苦しめられているにしか過ぎません。

その証拠に、意識がなければ、脳が壊れてしまえば、そもそも悩みは出てこないことでしょう。

自然界にはモノと出来事しかありません。
モノと出来事は、誰もが見ることができます。

そして、モノや出来事それ自体には意味はありません。
岩はそこにあり、川は流れているだけにしか過ぎません。
ただ単にそこにあり、出来事があるだけなのです。

しかし、私たちはこれらの意味がないモノや出来事に意味づけをします。

岩がここにある意味は何だろう?

この川の水は、あの川の水よりきれいだ

このように優劣をつけたり、善悪に区別したり、大小を比較したり、
理由付けしたり、評価、分析したり、快不快を感じたりします。

これらの働きは思考や感情などと呼ばれ、脳の働きの結果なのです。
そして、思考や感情はその人の頭の中にだけあり、
それを他人が見たり、他人に見せたりできないものです。
私たちの頭の中にしかないものなのです。

このようなものは、幻想や妄想と同じなのです。

幻覚や幻聴に苦しんでいる人は、他人には全く見えないし、聞こえない映像や声などに苦しめられています。
なぜなら、他人には見えなくても、その人には実際に見えて聞こえるからです。

幻覚や幻聴が脳が生み出す幻影に過ぎないのと同じように、思考や感情も脳内の出来事です。

不安になったり、悩んだり、絶望している人は
ありありと感じられる思考や感情に苦しめられているのです。
しかも、他人はその人の思考や感情を見ることができないのです。
その人の頭の中の出来事なのです。

どちらの場合も、他人から見たら全く見えない、聞こえない幻覚や幻聴、思考や感情に苦しんでいるのです。

しかし、本人とっては

それが真実、事実

なのです。

幻覚や幻聴、思考や感情があまりにもありありとしているので、
私たちは自分が考えたこと、感じたことを
そのまま事実として、何の疑いもなく信じてしまいます。

しかも、他人がこれらを否定すると、
自分の幻覚や幻聴、思考や感情がどれだけ正しくて、どんなふうに事実なのかを理由付けし、
ますます頑なになって評価を強めてしまいます。

どんなに正しいように見えても、
思考や感情は、事実を解釈したり、評価したものであって事実そのものではありません。

事実そのものは意味のない無味乾燥なものですから、
私たちは事実そのものに苦しめられることはありません。

つまりは、苦しみから抜け出すために事実を変えることは効果がないということです。

私たちを本当に苦しめているのは、事実を解釈し、評価し、理由付けなどしている

自分の思考と思考から発生する感情

だからです。

そう、変えるべきは、事実そのものではなく、
思考や感情と事実との関わりなのです。

思考や感情の言うままに私たちは生きてきて、
同じような失敗や悩みに取り憑かれ、同じことを繰り返しています。

機械的に同じようなパターンを持って生きています。
自分で生きているように見えながら、
ある環境やある出来事に出くわすと、スイッチが入ったかのように、
その人のパターンを繰り返します。

自分で自分の行動がコントロールできない、とまで言います。

思考や感情に振り回され、
機械的に同じことを繰り返して苦しむ人生ほどつまらないものはありません。

思考や感情との関わりを変えるとは、


思考や感情と事実をしっかり分けて物事を捉え、
どんなに破滅的な思考や感情を持とうと
それらに振り回されず、
本来、やりたい方向に歩むこと

なのです。

そうすると、たとえ、頭を打ちのめすような絶望があっても、
それらと戦うことなく、逃げることなく、コントロールすることなく
やりたいことができるようになります。

不安や恐怖、絶望や悲しみなどは
私たちが生きている限り絶対につきまとうのです。
なぜなら、それらも私たちの感情であり、
都合よくこれらをなくすことなんてできないからです。

本当の幸せとは、
不快な思考や感情をなくすという妄想を持つことではなく、
これらがあっても、やりたいことができることなのです。

私たちが不幸であるのは、
苦しみを持つことではないのです。
誰でも苦しみは生きている代償として持ちます。

そうではなく、苦しみのためにやりたいことができないことこそが
本当の不幸なのです。

思考や感情との関わりを変えるということは、
症状に対するセラピーなどではなく、
まさに、人生そのもののセラピーなのです。

試してみたいと思いませんか?

私たちの二つ目の方法は次回のブログで書きます。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは
間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、
サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【メンタルサロンの日程】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

第1,第3日曜の15時半から行います。

■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

既読無視 ー マイルールにこだわると必ず不必要に苦しみます

みなさんは経験がないでしょうか。

mixiなどで「足あと」をある他人に付けると、


勝手に覗くな
挨拶くらいしろ
「イイネ」を付けるな
自分のマイミクを勝手に訪れるな

あるいは、LINEなら、


既読無視をするな

こんなルールを自分で設けて、
人にそのルールを守らせようとします。

もちろん、他人には他人の生き方や行動がありますから、
他人に成り代わって、

こうすべき
こうすべきでない
そうしなければならない
そうしてはいけない

という自分のルールで他人や社会は支配できません。
他人はそのルールを簡単に破ります。
なぜなら、他人はこちらのルールとは全く関係ないのですから。

自分のルールを破られたその人は苛立ち、怒ります。

なぜ、苛立ち、怒るのでしょうか。

自分だけのルールは、所詮マイルールにしか過ぎないのです。
人や社会はそれに従う必要もないのです。
マイルールは他人に破られて当然なのです。

何よりも、マイルールが破られた時、既に他人はそのルールを破っている現実があるのに、
その現実を思考で否定して

マイルールを破るべきでない

と怒鳴りつけてもどうしようもありません。
現実を思考で否定しても現実は変わらないですから、つらいだけなのです。

暴風雨の中で、目を閉じ、耳を塞いで

暴風雨なんて来るべきでない

と叫んでいるようなものです。
いくらそうしても、今、暴風雨の中にいる現実は否定できません。

このように現実を思考で否定しても苦しみだけしか生まないことは明らかなのに、
マイルールを社会の常識やこの世の道徳で理由付けして
ますますこれにこだわる人もいます。

頭に浮かんだ自分のルールにしか過ぎないのに、
他人や社会を支配する常識と道徳と同一視して、他人や社会を支配しようとします。

もちろん、そんなことは絶対にできませんから、
さらなる苛立ちや怒りなど苦しみを自分に招き寄せます。
のみならず、他人や社会に対しても不必要な苦しみを生みます。

実際にそんな人を身近に発見できるでしょう。
多くの場合、そのような人は、
対人関係、対社会関係は不必要な争いなど苦しみに満ち、
周囲に対しても騒動を起こして、不愉快な思いを与えていることでしょう。
中には、当人自身がうつを発症したり、適応障害にすらなったりしている場合もあります。

マイルールは、他人のルール、世界のルール、宇宙のルールではありません。
必ず破られます。

その現実を受け入れて、対処する必要があります。

Lineの既読を無視をされて、腹が立つ時などは、
腹を立てている頭の中では、

私のメッセージに相手は返事をしなければならない。
なぜなら、それが常識であり、当たり前だからだ。

というマイルールで相手を支配しようとしているだけなのです。

そして、

自分のこと嫌っているのかな
アイツにはよくしてやったのに
この仕打ちはなんだ
どうして私を苦しめるんだ

と、相手の気持ちを推測、深読みして、
いつの間にか、自分の推測や深読みにしか過ぎないものを事実と勝手に思い込み、
今度はそれをもとに、新たなる苦しみを生み出します。

実際は、相手はあなたのことを嫌いかもしれないし、
何か別の事情があるのかもしれないのです。

それは、あなたには分からないのです。
人の心なんて推測しかできません。
人の心を直接観察することなんてできっこないのです。

この既読無視に対しての事実は、

あなたに返事を出していないこと
その理由は全く分からないこと
返事を出すか出さないかは相手が決めること

だけであり、あなたができることは、

どうして返事がないのかを相手に問い合わせる

だけです。

それでも相手が返事をするか、正直に答えてくれるか分からないのです。
そして、いろいろ推測しても、それは自分の推測であって、
相手の心を見ている訳ではありません。

どうして私を苦しめるんだ

そうではなく、自分の推測に自分が苦しんでいるのです。
現実は、返事がない、ただそれだけです。

頭の中に発生する思考は、その人だけのものです。
人には見えないし、実体として存在しません。
そんなものは幻想や妄想と同じです。

しかし、私たちは思考にしか過ぎないものを事実と勘違いして、
それをもとに行動してしまいます。

何かとても苦しい状態になった時、

事実と思考は別のもの
思考は事実でないこと
不快な思考を持ってもそれに反応しないでいること
思考の言う通りに行動することはないこと

これらができるなら、私たちは
不必要な苦しみを自ら作り出して悩むこともないでしょう。

これらは一夜にして身につきません。
訓練が必要です。
自動車の運転と同じように、いったん身についたら
死ぬまで使えるものです。

自ら作り出す苦しみの森から抜け出てみましょう。
たぶん、人生は変わるのですから。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945


1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。



【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【4月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 4/ 2 メンタルサロン 15時30分から
 4/16 メンタルサロン 15時30分から
 4/23 メンタルサロン 15時30分から

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

何かのせいと決めつければ、何も解決しない

私たちはうまくいかないことがあると

何かのせい
誰かのせい

にします。

あいつが悪いんだ
親が悪いんだ
社会が悪いんだ
環境が悪いんだ

などなど・・・

確かに何かのせいにすると、いらだちや怒りの標的を見つけた気になります。
でも、多くの場合、それらに憎しみを持ち続けたり、いらだちを持ち続けたりします。
ついには、心や体を壊したり、対人関係や対社会関係でトラブルが生じたりします。

ここで、少し立ち止まって考えてみましょう。

誰かのせいと思っていることが、100パーセント正しかったとしたら、
解決は、その誰かの行動を自分が望むものに変える必要があります。
いえ、行動のみならず思考や感情すら、こちらが思うようにコントロールできなければ、
解決になりません。

しかし、人はこちらが思うようにコントロールできません。
その人がどう考え、どう行動し、どんな感情を持つかなど
どうしてコントロールできるのでしょう。

確かに、その人を脅したり、殴ったりすると行動をコントロールできるかもしれませんが、
それに対してその人が何を思うか、感じるかまではコントロールできません。

説得という方法もありますが、本当は何を考え、何を感じるかまではコントロールできません。
かりにそのときはこちらが望む結果が手に入ったとしても、時間が経つにつれてどうなるか分かりません。

要するに、人をコントロールなんてできないのです。
コントロールできないことをしようとすると、苦しみます。
なぜなら、絶対にできっこないからです。

いや、私はそれでもコントロールするんだ、と言っても、それは無益なことです。
コントロールできない現実を、いくら思考で否定しても、苦しいだけなのです。

さらには、親が悪い、育てられ方が悪かったと、過去や環境のせいにすることもあるでしょう。

しかし、過去はすでにありません。
すでにない過去がどうやって今の自分を束縛できるのでしょうか。

育てられ方が悪かった、環境が悪かったとしても
今更、育て直しなんてものはできません。

どうしようもないのです。
変更不能なのです。

変更不能だという現実を否定すると、苦しみます。
変更不能なことを何とかしようとすると、苦しみます。

なぜなら、思考で否定しても現実は変わらないからです。
そして、やはり過去はコントロールできないからです。

社会のせいにしても同じことがいえます。

このようにコントロールできないものをコントロールしようとしたり、
現実を思考で否定したりすると、

絶対に苦しみます。
解決ができないからです。

よくよく考えてみると、

モノや出来事には本来、意味はありません。
意味を持たせているのはそれぞれの人が持つ思考の働きです。

つまり、意味のないものに対して、それぞれ個人が意味づけをしてモノを見ているだけなのです。
その意味づけも、外の世界にはなく、脳内に浮かび上がっている思考にしか過ぎません。

意味のないモノや出来事に自分の思考をかぶせてみているだけなのです。
そのモノ自体や出来事自体を見ているのではなく、
自分の思考を見て反応しているのです。

その証拠に、頭の中でどんなに悩んでも、
イメージの中でありありと浮かんでも、感情すらわき上がっても
他人からはこれらのものは一切見えません。
一人、苦しそうな顔をして呻いているその人がいるだけです。

嫌でどうしようもない人を前にして、
どんなに怒りが湧いて出ようが、過去の悔しい出来事が頭に浮かぼうが、
他人から見たら、その人を前に顔を赤らめたその人と、もう一人の人がいるだけです。

そう、嫌な思考や感情は、それぞれの人の脳内にしかないのです。
こんなものは幻想や妄想というのです。

どんなに事実のように見えても、脳内にしかない幻想なのです。

私たちは、これらを事実として無条件で受け入れてしまうからこそ、
本来意味のないモノや出来事を避けたり、戦ったりしようとするのです。

脳に浮かび上がる思考は

あの人をなんとかしろ
この出来事のせいで自分は台無しになった

とさまざまなことを言うでしょう。

そして、コントロールできもしないものをコントロールしようとしたり、
現実を思考で否定しようとするのです。

思考は事実でありません。
考えていることにしか過ぎません。

思考はすぐに

正しい・間違い

にこだわりますが、それも思考の判断にしか過ぎません。

正しい・間違いではなく、
その行動が役立つか・役立たないか

これが行為の基準となります。

役立たない行為は、どんなに正しく見えても、
人生と生活を台無しにするのですから。

このことに気づき、思考と距離をとりつつ行動すると、
思考は単にそれだけのものとなります。

思考がなんと言おうが、
コントロールできないものや現実は受け入れ、
そこからコントロールできるものを探して行動してゆくことこそ、
大切なことではないでしょうか。

何かのせいにしていると気分は楽ですが、
どんな解決も生み出さないのです。

最近、特に受講生が増えてきた
『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【2月、3月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 2/26 メンタルサロン・研究会(催眠・催眠療法) 15時30分から
 3/ 5 メンタルサロン 15時30分から
 3/19 メンタルサロン 15時30分から

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

思いや感情をそのまま受け取ると人生は苦しくなります - 活き活きと生きるためにすべきこと

私たちは思考や感情に振り回されて生きています。

こんな話はどうでしょう。

フォト

満員電車の中で電車が停車時に揺れて、足を踏まれました。
足を踏んだ人はあなたの顔をじっと見て、何も言わずに降りてゆきました。

きっとあなたは怒ることでしょう。
午前中はそのことを思い出しては気分が悪くなるかもしれませんし、
人によっては罵声を上げたり、その人を追いかけて殴る人もいるかもしれません。

では、あなたは何に対して怒ったのでしょう。

多くの人は、

・人の足を踏んだら謝るべきだ、それをしないのはけしからん
・せめて「ごめんなさい」というべきだ
・黙って逃げるとはとんでもないやつだ

こんなことが頭に渦巻いて

くっそ~

となってしまうことでしょう。

ここで3つのことについて考えたいと思います。

まず一つ目は、現実を思考で否定していないですか

すでにあなたは足を踏まれ、その人は謝罪することなく立ち去ってしまっているという事実があります。
にもかかわらず、

「謝罪すべきだ」

という「べき思考」で現実を否定しています。
現実をいくら思考で否定しても意味がないことです。
起きてしまった事実に対して、「こうあるべきだ」「こうあってはならない」と言ったところでどうにもなりません。
砂に頭を突っ込んで、現実を見なければ大丈夫と考えている滑稽な姿だけがあるのです。

フォト

現実を思考で否定しても現実は変わらないですから、つらいだけなのです。
そのつらさは自分だけが味わっているのです。

さらに、「謝罪すべきだ」という考えには

「(私に対して)謝罪すべきだ」

という言葉が隠れています。
自分がそうされたからとても腹が立っているのであって、
人がそうされているのを見ても同程度に腹が立つかと言えば、たぶんそうではないでしょう。
そんなことをしていたら日常生活は成り立ちません。

つまり、

「足を踏んだ人は私に対して謝罪すべきだ。それが常識だ」

というマイルールを持っていて、それが破られたから怒ってしまうのです。
しかし、しょせんはマイルールにしかすぎません。

あなたが持っているマイルールをすべての人に守らせることなんて物理的に不可能ですし、
マイルールで人や社会をコントロールできるはずもありません。

マイルールを世間一般のルールと信じる「常識」という言葉にすり替えること自体が、
マイルールにしか過ぎないものを人や社会のコントロールに使おうという試みだという証拠でしょう。

そして、常識という言葉で武装しても、マイルールは破られます。
なぜなら、あなたと人は別なのですから。

人はそれぞれマイルールを持ち、必要に応じて使い分けています。
あなたと同じなのです。
あなたの思いは他人とは同じではありません。

マイルールは人に対しては無効であるばかりでなく、破られて当然なのが事実なのです。
その事実に対して異を唱えて、さらにマイルールを適用しようとすると腹が立つのです。

事実は足を踏まれて痛みを感じ、踏んだ人はいなくなっただけなのです。
しかし、ここに現実を否定する「べき思考」から物事を見ると、
つらいだけではなく、怒りが出てくるのです。

二つ目は、何に対して怒っているのですか

私たちが怒りを感じるのは、ほとんどの場合すでに起きてしまったことに対してです。
もうすでに相手の人はいなくなっているのに、

何度も思い出して、それを反芻しながらその思いに対して腹立てている

だけなのです。

フォト

つまり、相手に対して直接に腹立ちを感じているのではなく、
自分の思いに対して腹立てているのです。

実際にその場で、相手がいるときに腹が立ったとしましょう。
そんな場合でも、

相手の行為そのものではなく、その行為に
「べき思考」をかぶせる

から腹が立つのです。

行為は動いたり止まったりするだけです。
その行為(足が踏まれて、謝罪がない)に対して、
あなたの頭の中で、マイルールを適用しようとして失敗すると腹が立つだけなのです。

謝罪すべきというマイルールの人に対する適用

その人はあなたのマイルールを無視して、謝罪せずに立ち去る

マイルールが破られた

腹が立つ

という図式になります。

この場合でも、相手の行為そのものに対してではなく、あなたの思考であるマイルールが破られたことに対して腹立ちを感じたのです。

結局は、自分の思考に対して腹を立てているだけなのです。

三つめは、思考や感情を事実として捉えていないですか

思考や感情は、あなたの頭の中の出来事にしかすぎません。
他人から観察不可能で、あなた自身が死んでしまうとなくなってしまうものです。

事実というものは、あなたがそこにいようかいまいがあなたと関係なく存在するもので、
他人からも観察可能なものです。

要は頭の中だけにある思い付きや感覚、記憶、映像にしか過ぎないもので、
事実とは違うものです。
その証拠に、同じ経験をしても違う考えや感情を持つ人たちもたくさんいることから明らかなことです。

にもかかわらず、私たちは考えたことや感じたことを事実として疑いもなく信じてしまうから、
それが直接的に行動に結びついてしまう
のです。

相手も行為を解釈することなく見てみると、相手は私の足を踏んで立ち去った、という事実だけしか残りません。

そこに

「謝るべきだ」
「ふてぶてしい」
「人の痛みもわからないのか」
「常識知らず」

などという思考や感情を通じて物事を解釈し、その解釈を事実と勘違いして腹立てている自分だけがいるのです。

この三つのことからわかることは、

自分一人が頭の中の出来事に対して怒っているだけ

であることが分かるでしょう。

フォト

私たちは、思考や感情はコントロールできません。
思考や感情の特定の部分を「悪い」と決めつけて、その発生をなくした人を見たことがあるでしょうか。
「不安」「恐怖」「劣等感」をなくした人を見たことがあるでしょうか。

不安や恐怖、緊張や劣等感などは毎日多かれ少なかれ誰でも持つものです。
それらを期待しようがしまいが、勝手に発生します。

しかし、ただそれだけなのです。
頭の外で発生するのではなく、頭の中だけのものです。

こんな思考や感情を事実と信じていたら、それらが気まぐれに発生するたびに
それらに振り回されてしまう生活を送ることになります。

とてもつらいものです。
毎日がジェットコースターに乗っているか、どよんと沈んだままになっているか、
そんな生活が続くことでしょう。

頭の中だけの妄想に反応して、それに振り回されてしまうとこんなことになってしまうのです。

しかし、朗報があります。
本当は、思考や感情は行動の原因とはならない、ということです。

発生してしまう思考や感情を単なる頭の中のものとしてわかると
それに反応しないということができます。

それに反応しなければ、どんなにつらい思考や感情が湧き起ったとしても、
どんな行動をとるかは選択できるようになります。

フォト

私たちも実は日常的に行っていることなのです。

・嫌だと思いながらも会議に出たり、
・会いたくないと思いながらもその人にあったり、
・気分が滅入って布団から出られないと思っていても、家が火事になると飛び出したり、

こんなふうに、思うこと感じることと行動が一致しないことをよくやっています。

思いや感情と行動を一致させなければ入れないとそう思い込んでいる人がいたとすれば、

・人をコテンパンに殴りたいと思ったら例外なくそうしてきましたか
・死にたいと思ったら死にましたか
・学校や会社に行きたくないと思ったら必ず行かなかったですか

そうではないでしょう?

もし、思いや感情と行動を一致させた生活をするなら、私たちは

刑務所か精神病院か墓の下

のどれかにいるでしょう。

思いや感情と行動は別であり、行動はこれらと独立して選択可能である

というスキルを身につけると、私たちの日常生活の苦しみのほとんどはなくなることでしょう。

これらはスキルですから、訓練によって身につけることは可能です。
しかし、それでもなお

いや、私にはできない

とそういう思考を信じるならば、

結局はこれまで同じことを繰り返す自分を自ら選択しているだけなのです。

もちろん、思考や感情は悪ではなく、楽しいときは笑い、悲しいときは素直に悲しむということは大切なものです。
しかし、自分を苦しめて生活や人生をがんじがらめにしてしまう思考や感情を信じて行動することは全く役立ちません。
このように、自分にとって役立つ行動はやり続けるとよいですが、役立たない行動は選択しないことを学ぶのです。

行動の選択の基準

正しい・間違い、という思考が生み出す価値観ではなく、
それが役に立つか立たないか

であります。

電車で足を踏まれた事例のように、

相手がすでにいないのに、思いを反芻してそれに対して腹立ちをし続けることが役立つ行為でしょうか。
相手がいても、怒りから生じた行動を選択して、罵声を浴びせ、暴力をふるうことが役立つ行動でしょうか。

正しさにこだわると、思考や感情はすぐに事実として正当化されてしまいます。

そうではなく、頭の中にある思考や感情に従って、今から起こす行動が果たして役に立つのか立たないのか
役に立たなければ、思考や感情を持ちつつ、それに反応しない選択は実は私たちはできるのです。

そうすると、私たちの生活や人生は大いに改善できることは間違いないのです。

私たちはそれらのスキルを身につけるために様々な技術を提供しています。

フォト

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

2月11日・12日に実施します。

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

フォト

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、霊気療法も行っています。

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習
2 霊気療法の体験
3 霊気療法と心理療法の統合練習
4 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
5 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【2月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 2/ 5 メンタルサロン 15時30分から   (催眠について)
 2/19 メンタルサロン 15時30分から

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/