霊気療法のもう一つの側面

ずっと言い続けていることですが、ここでの霊気とは西洋レイキのことではありません。

西洋レイキはマスターシンボルを使ったり、チャクラやオーラというものが登場したり、
浄化とかヒーリング、遠隔でのアチューンメント、前世や高次の存在といったものがあります。

臼井甕男先生が始められた、心身改善臼井霊気療法学会の霊気は、これらの西洋レイキとは
全く違うものです。
マスターシンボルというものなんてありませんし、浄化やヒーリング、前世やチャクラ、オーラというものもありません。

もっぱら病気のお手当てを行っていました。

臼井先生は、自らの著書である『霊気療法必携』の中に記載されている公開伝授説明で

霊肉一如となって平和と享楽の生涯を完うし、傍ら他の病者を癒し、自他共に幸福を増進することが使命

と述べています。

つまり、心身の幸せのために病気のお手当てが大切であると言われているのです。
決して、悟りを得たり、超能力を得たり、前世や未来をヒーリングしたり、願望を実現したりするものではありません。

つまり、西洋レイキは、臼井霊気とは全く別物の「うすい」という名を使っているハンドヒーリングなのです。

ここでは、正統な霊気療法である臼井霊気療法について述べています。
いかにして病気のお手当てをするのか、そのことについて私たちは研究しています。

病気のお手当てをせずに、いったい何が霊気療法なのかと思います。

臼井霊気には肉体的な病気のお手当てだけではなく、もう一つの側面があります。

精神的な疾患に対してもとても効果的ということです。
霊気療法を受けてみれば分かりますが、
その最中は非常にリラックスして、安心感があり、心の疲れがとれやすいのです。

何年も不眠で苦しんでいるという人が、いびきをかいてグーグー寝てしまうこともありました。
何事につけ緊張する人も、そのまま熟睡してしまうこともしばしばでした。

このように精神的な疾患に対して、安心やリラックスを与えるというのはとても大切なことでもあります。
そして、この状態のときに暗示を与えたりすると催眠療法と同じ効果があります。
いわゆるトランス状態になっているからです。

私たちは、この霊気療法中のトランス状態を利用して心理療法も行うことがあります。
そうすると改善の効果が出やすいのです。

最近は、単に霊気療法だけではなく、トランス状態から催眠などを使用した心理療法と組み合わせることによって
より一層の効果を求めています。

もちろん、万能の方法なんてありませんから、
統合失調症やパーソナリティー障害など器質性のものや性格の偏りに起因するものはとても対処が困難です。
それ以外の不安や恐怖、ストレスに対する改善の一つの方法と捉えると選択肢が増えるのではないでしょうか。

体に触れるという行為は、以前から医療の現場でも

タッピングタッチ
タクティールケア

などとともに、緩和ケアや認知症の方に対するケアでも効果を上げています。

霊気療法という言葉を見れば怪しさ満載ですが、
そうではなく、体に触れることにより、不安やストレスを和らげ、
失われてしまった精神機能を回復させる一つの方法として捉えることもできます。

さらには、先ほどもいいましたように霊気療法によるトランス状態からの催眠を使った心理療法へ移行することもできますから、
その応用範囲は広いといえるでしょう。

■ 霊気療法を学びたい人は ■

霊気療法を学びたい人は

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な方法を開発する一方、霊気療法も行っています。
スピリチュアルな西洋レイキではなく、もともとの霊気療法がおこなっていた
病気の改善に特化したものです。
臼井霊気療法学会が行っている本当の霊気療法です。

見た目はタクティールケアやタッチングケアによく似ています。

体の不調だけではなく、実際にパニック障害や不安障害、
その他の症状の改善に大きな成果を示すことがあります。

西洋レイキでは習得に何十万円もかかるようですが、
私たちは霊気療法をできるだけ広めるために、
その習得をとても安価に提供しています。

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【4月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 4/23 メンタルサロン 15時30分から

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

広告

2/26 メンタルサロン 催眠と催眠を使った心理療法

2/26は会員向けの「研究会」の日でしたが、
内容を一般公開して、

催眠と催眠を使った心理療法

を行います。

催眠に興味がある方、是非参加してみてください。

古典催眠、エリクソン催眠を中心に暗示は
どこまで心の奥深く人に影響するのかについて研究をしてみたいと思います。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

【2月、3月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 2/19 メンタルサロン 15時30分から
 2/26 メンタルサロン・研究会 15時30分から
 3/ 5 メンタルサロン 15時30分から
 3/19 メンタルサロン 15時30分から

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

 

メンタルサロン 催眠

さあ、明日のメンタルサロンのテーマは「催眠」

古典催眠、エリクソン催眠を中心に暗示は
どこまで心の奥深く人に影響するのかについて研究をしてみたいと思います。


【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

【2月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 2/ 5 メンタルサロン 15時30分から
 2/19 メンタルサロン 15時30分から

———————————————

【私たちについて】

http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

催眠術師たちの珍道中 2017年1月

またまた催眠術師たちの珍道中をやってまいりました。

催眠界で超有名な南裕先生や中井英史先生、ストリート催眠術師の城咲梁にスピリチュアル・ヒプノセラピスト美佐子さん
そして私です。
このメンバーでいろんなところに旅行するのは、もう何年になるのかな・・・ずいぶん長く続いています。

しかも、これまで年に一回だったのが、一昨年から年に二回になりました。
いつも秘湯めぐりと共に必ず怪しげな心霊スポットも訪れることにしています。

今回は、奈良の人里離れたところにある新興宗教施設の廃屋を訪ねた後、
修験道で有名な大峰山のふもとにある「洞川温泉」へ

 

いつもは源泉かけ流しの秘湯に行くのですが、今回は鄙びた温泉で、お互いにじっくりと疲れをいやそうということになりました。

催眠や心理療法の専門家ばかりが集まると、濃い話が満載です。
どうしたら悩みをなくすことができるのかとか、こんなケールはみんなどう対応する?とか
さらにはスピリチュアルな話題で時間が経つのも忘れるほどでした。

職業や年齢を忘れ、童心に帰って楽しむのは何物にも代えがたいものです。
こんな時間が本当に大切ですね。
何気ない会話の中に学ぶことが多いです。

翌日は、天河弁財天、奇祭である「おんだ祭」で有名な飛鳥坐神社、石舞台、そして日本最古の神社である大神神社を回ってきました。
もちろん、メンバーの全てはグルメ(安くておいしいモノが好き)なので、いろんなものを食べながら移動しました。

一年に二回こうやって集まり、いろんなところに行って楽しんで決して着飾らず、お互いに切磋琢磨する旅行は、
人生の一部となってしまいました。

私の大切な大切な人たちです。(^^♪

● 南裕先生
http://www.saimin.co.jp/

● 中井英史先生
http://mindcreate.com/

● 城咲梁
https://sirosaki777.jimdo.com/

● 美佐子さん
http://www.saimin.co.jp/misako/index.html

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、霊気療法も行っています。

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習
2 霊気療法の体験
3 霊気療法と心理療法の統合練習
4 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
5 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【1月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 1/11 メンタルサロン 19時から
 1/15 メンタルサロン 15時から
 1/29 メンタルサロン 15時から

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

プロの患者と呼ばれる人

数日前に心理療法をしている私の友人から

なかなか改善しない人がいるので手伝って欲しい

との連絡があり、急遽ヘルプをしに行きました。
対象の方は医師からの紹介を受けてやってきたのですが、
うつ、適応障害、パーソナリティー障害などを持っているとのことで、
長年投薬を受けながら心理療法の併用を3カ月ほどしているそうです。

友人の事務所で、その方が来るまでにこれまでの経過とともに、
その人の名前と住所を見て、あることを思い出しました。

その方は、私の別の友人のカウンセラーのところに出入りしていた人だったのです。
それはもう4年くらい前のことです。
その別の友人も手こずった人でした。

最初のうちは

つらい
何とか立ち直りたい
そのためにはどんなことでもする

と言うのですが、

催眠を使用する直前にコーヒーを飲んできたり、
心理療法に非協力的になったり、
薬や症状の説明を専門家顔負けに説明したり、
論争を挑んできたり、論破しようとしたり、

挙句には、

どれほど苦しいか人にはわからない
障害者だから
病気だから

と苦しさや障害者で自分を守ろうとしているような人でした。

守っている自分こそが改善が必要であることすら忘れて、
あらゆる理由づけで自分を守ろうとしていました。

医師やカウンセラーに対して

お金がない
時間がない
私にはできない
治る希望が持てない
私のことなんて誰にもわからない
今すぐここで死にたい
病人に配慮しろ
病人である私にはあなたの言うことはつらい

こう言い続け、医師やカウンセラーを変えながら
少なくとも4年間は現状を維持
し続けているのです。

自分を変えるために、変わらない理由づけを人に訴えながら、
どうして変わることができるのでしょう。

そして、変わらないためのいろいろな理由づけは
頭の中の出来事であり、本人を支配しないのはもちろんのことです。
その理由が、たとえどんなに本当に見えても、
頭の中にしかない理由がその人の行動を支配することはないのです。
それが行動を支配していると、そう思っているだけなのです。

頭の中の囁きはもっともらしいものばかりです。
しかし、どんなにもっともらしいものであったとしても、

それを信じたら、変わらない自分がいる現実

には変わりありません。

そして、その自分を変えたいと思っているにもかかわらず、
変えない理由づけを必死で訴えること自体、

今の苦しい状況を維持していることに変わりはない

のです。

多くの場合、改善するより、今の状況でいる方が何かしらのメリットがあると感じているのです。
こういったものを、以前にも書きましたが

疾病利得

というのです。

疾病利得がある限りは、改善はできないでしょう。

ミルトン・エリクソンすらこういった人のことを

プロの患者

として退けていました。

私は友人にその方の心理療法をすぐにやめるように助言しました。
その方にとっても、その友人にとっても労多くして益はない、無意味だ、と。

4年前の別な友人は、その方に

その病気を改善するためにここに来ているのに、
病気を理由にできないことばかり言うと、改善すらできないですよ

と言ったとたん、怒ってそのまま来なくなったようです。

人生で最も大切な自分自身の生活や人生の目標を邪魔している
さまざまな障害を除去するために、

自分にはできると思わない
時間がないと
お金がかかる
いずれまた
成功する保証が完全にあるなら
場所が遠すぎる
そんな余裕すらない

という理由がどれほど意味がないか分かり、行動できる人は
きっと症状も捨てることができる
でしょう。

避けたいことからさまざまな理由をつけて避け続けている限り、改善の道は遠いものです。
避けたいことに対して、それを受け入れる気持ちが症状を捨てさせるのですから。

もし、その症状がなくなったら、避けていたことと対峙してしまうのです。
そのことに不都合がある人は、症状を持つことを選択しやすくなります。

しかし、避けていたことに対して前向きに取り組み、たとえ不快であったとしても、
それを受け入れる人は、症状を捨ててしまいます。

私たちのプログラムはそういった人たちのお手伝いができるものとなっています。

思考や感情が、生活や人生に対して大きな影響力(悪い意味での)を持たなくなるとき、
いろんなことを楽しむことができるようになります。

なによりも、人生は嫌なことがたくさんあります。
望まなくてもやってきます。
それでも、それとともに、それもまた人生の一部なのですから、
それらを受け入れて、それらとともに歩むことはできますし、
それしか方法はないのです。

なぜなら、現実に起きたことを思考で否定したり、感情をごまかしたりしても、
現実は現実
なのですから。

マインドフルネスは、ビジネスで成功したり、幸せを感じ続けるようなものではありません。
私たちに役立たない影響を及ぼす思考や感情の影響力を低減する方法なのです。

地道ですが、確実に変化をもたらすものでもあります。
症状の有無にかかわらず、自分自身を向上させたい人にはうってつけのものでしょう。

私たちの人生は一度きりで、いつ終わるか分かりません。
とても大切なものなのです。
だとすれば、苦しみの中で人生を浪費するより、苦しみがあっても、
それでも活き活きと生きる人生を歩みたいものです。

なぜなら、苦しみがない人生なんて単なる妄想であり、苦しみは放っておいてもやってくるものだからです。
妄想を求めると人生はますます苦しいものとなります。
生きる代償として苦しみはあります。
この現実を受け入れて、苦しみとの関わりを変えながら、
私たちは、物理的に不可能なこと以外は、できるのですから。

私たちV.d.s.には活き活きと生きるための大きな三本柱があります。

もし、頭から湧き出す思考や不安などの感情に左右されない行動をとることができたとしたら、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (マインドフルネスなどの使用)

もし、原因の追及に力を注ぐ問題志向ではなく、
原因はともかく今から未来に向けての解決志向を基本原理とするならば、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (解決志向型の戦略)

もし、私たちが持っている自己治癒力を増進するかもしれないものを
最大限に増強することができたとしたら、一体私たちはどうなるでしょうか。

この三つを軸に私たちはさまざまなことを考え、実践しています。

その目的は

一度しかない人生を活き活きと生きる

ということに尽きます。

◎メンタルサロンで行うこと

私たちはV.d.s.は、マインドフルネスをできるだけたやすく身につくように
さまざまな研究を重ねています。
さらに、マインドフルネスを中心に、行き詰まり、苦悩に打ちのめされた人たちが
根本的に変化できるようさまざまな手法を開発しています。

メンタルサロンhttp://v-d-s.net/?page_id=17296)では、マインドフルネスが初体験で、
何をどうやったらいいのかわからないという人にうってつけです。

楽しく、そして身につくものを提供しています。
ぜひ、興味がありましたら参加してみてください。

一緒に楽しみましょう。

■マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、不安やうつなどの改善だけではなく、
人生や仕事を豊かにするための大きな力となるものです。
仏教のヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除き、心理的技術として確立しました。

その有用性は、Google社やFacebook社が社内教育に取り入れるほどです。

■霊気体験

時間があれば、希望者に対して本当の霊気も体験してもらいます。
私たちの霊気についてはこちらを参考にしてください。

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=15283


【9月メンタルサロン】

霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

9/14 メンタルサロン 19時
9/18 メンタルサロン 16時
9/28 メンタルサロン 19時

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

自分で決めて、自分で苦しむ ~ 私たちが苦しむ仕組み

とても悩むようなことがあるとき、私たちはどうするでしょうか。

ネガティブな思考や感情をなくそう
忘れよう
ポジティブに考えよう
それらと直面することなく他のことをして回避しよう

ということをやり続けてきたことでしょう。

つまり、

自分が作り出している思考や感情と戦ったり
思考や感情をなくそうとしたり
思考や感情をなかったものとしようとしたり
物を修理するように都合がいい思考や感情に一部を置き換えようとしたり
都合が悪い思考や感情と直面するのを避けて回避・逃避したり

してきたはずです。

それで、二度と思考や感情に苦しめられることがなくなった人はいるでしょうか。

何度も同じたとえをしますが、

知人や同僚、先輩や後輩で

ある状況になると同じ失敗をして、アドバイスを受けるとその時だけは何とかこなせる状態が30年続いている人

についてどう思うでしょうか。

アドバイスによって短期的には解決するけれど、
長期的には何の進歩もなく、それ以上の何かを任せることができなくなってしまいますよね。
つまりは、その人には他のことをしてもらう必要はなくなりますし、
そもそも今の状態でも不必要かもしれないでしょう。

私たちが苦しみに出会ったとき、やり続ける方法も似たようなものです。
そんなことをしても「不快」と判断した思考や感情は人生においてずっと付きまといますし、
一生懸命にそれらと戦ったり、逃げ出したりしている間、

本来やりたいことができない

ことに気がつかないものです。

私たちは

「不快なもの」=不幸なこと

という信念や価値観を持ち、

「幸福」=「不快なものがない状態」

という思い込みがあるのです。
不快なものがない状態というのは、現実にはあり得ないものだと言うこともわかっています。
にもかかわらず、それらを求めて同じことを繰り返してしまいます。

なぜならその方が手っ取り早いからです。

しかし、いくら手っ取り早いからといっても効果がないものまで同じことを繰り返して苦しむ必要はありません。

では、どうして効果がないとわかっているのに繰り返してしまうのでしょう。

それには3つの理由があります。

一つは、それしかやり方を知らないからです。
二つ目は、新しいことをするにあたってはそれをリスクと捉え、結果的に今やり続けていることが効果がないことを分かっていてもそれをやり続ける方がマシだと考えるからです。
三つ目は、不幸なことに、たとえ効果がない方法でも短期的には一時しのぎになるからです。

この三つの理由の根底には、

実は、快・不快を決めているのは自分自身であることを忘れている

のです。

いろんなものや人、出来事を見てみましょう。
自分の評価や理由付け、価値観、信念を取っ払ってみてみましょう。
もし、そんな思考や感情がなければ、それらのものはどのように見えるか見てみましょう。

多分、そこには意味がないものだけがあることでしょう。

本来は、それらには意味がないものです。
ただ出来事が発生し、人やものがそこに存在するだけなのです。

それに意味や理由、評価を与えているのは、他でもない

自分自身

なのです。

だからこそ、同じものを見ても、同じ体験をしてもある人は「良い」と評価しますが、
別な人は「悪い」「興味がない」などと評価します。

もし、自分の意味づけや評価、理由付けが「事実」ならば、
人によって考え方や感じ方が違う内容になるはずはないでしょう。
現実はそうではありません。

私の中ではそれは事実である

という言葉自体、私がそう決めている、という証拠なのです。
自分自身が決めただけのものは「事実」とは言いません。
他人には全く関係がないからです。

これらからわかることは、

自分が決めた意味付け、理由付け、評価などに自分が苦しんでいるだけ

ということになります。

その人にとって「不快なもの」は実は自分の外にあるのではなく、
自分が「不快」と判断したものを本来は意味がない出来事や人やものにかぶせてみているだけなのです。

つまりは、

そう判断する自分がいるところ、どんなものに対しても
「幸福でないもの」=「不快なもの」を発見できる

ということになります。

自分で「不快なもの」を決めて、自分でそれらと戦っているだけ

なのです。

そして、恐ろしいことには、それらと戦ったり逃げ出したりしていると
対人関係や対社会関係とのトラブルが増え、
活き活きと生きることができなくなり、
人生の幅が狭くなります。

どこに行っても、何をしても「不幸」に襲われて
その対策を講ずること
になります。

思考や感情の発生をなくすことはできません
思考や感情の中身を変更することはできません

これらは自動的に頭の中に発生するものです。
他人には関係のないものであり、他人からは見えないものなのです。

幻想や妄想と同じなのです。

頭の中だけの幻想や妄想を真実と信じて、それらの対策を講じていることに気がつくことがとても大切なことでしょう。

どんな内容に思考や感情があったとしても、これらを幻想や妄想とわかれば、
それらを信じて行動することはなくなります。

思考や感情は本来は行動を支配しないのです。

しかし、それらに支配されてしまうならば、その行動は本当の意味で不幸なものとなるでしょう。

思考や感情は、とてもランダムなものなのです。
そのランダムに発生する内容を信じてしまうと、
やりたくないと思えば行動をしないし、嫌だと感じたらそれらを避けてしまうのです。

それはわかるが、自分にはできない

という人は、本当は分かっていないのです。
分かっていないからこそ、思考や感情を事実だと信じ、それを信じるから

できない

ということになるのです。

私たちは困ったことがあると、他人や社会を変えようとします。
それは自分の心の幸せ(不快なものがない状態)を実現するためです。

しかし、不快な状態は、自分が勝手に決めていることであって、
生きている限りそんなものはなくならないのです。

実現不可能なことを求めて、当たり前のように苦しみ、
それにもかかわらず同じことを繰り返し続けるのです。

「不快なもの」は生きている限り何をしてもなくならない

これが現実であり、現実をいくら思考で否定しても現実に勝つことはできないのです。

もし、これまで繰り返してきて、長期的に見て効果がない方法のための努力のわずか1パーセントでも、自分を変える本当のトレーニングをするなら、
今のように苦しみに陥るたびに同じことを繰り返す自分はなくなっているでしょう。
それがなくなっていないのは、本気で自分を変えようとしなかったその結果にしか過ぎないのです。

むしろ、それらが幻想や妄想であると看破して、それらがあっても、それらとは関係なく行動できるようにすることが、

活き活きと生きる人生につながる

のです。

私たちV.d.s.には活き活きと生きるための大きな三本柱があります。

もし、頭から湧き出す思考や不安などの感情に左右されない行動をとることができたとしたら、一体私たちはどうなることでしょうか。 (マインドフルネスなどの使用)

もし、原因の追及に力を注ぐ問題志向ではなく、原因はともかく今から未来に向けての解決志向を基本原理とするならば、一体私たちはどうなることでしょうか。 (解決志向型の戦略)

もし、私たちが持っている自己治癒力を増進するかもしれないものを最大限に増強することができたとしたら、一体私たちはどうなるでしょうか。

この三つを軸に私たちはさまざまなことを考え、実践しています。

その目的は

一度しかない人生を活き活きと生きる

ということに尽きます。

もちろん、これらを身につけることはすぐにはできません。
これらは魔法ではないのです。
しかし身につけると人から見たら魔法のように見えます。
そして、きちんとエクササイズをこなしてゆくと誰でもできるものです。

本当に自分をよりよく変えて、活き活きと生きたいという強い気持ちが変化する自分を支えます。

同じことを繰り返して今のままにとどまるか、
一度しかない人生を活き活きと生きるか、

それは選択であり、今の自分こそがその選択の結果なのです。
そして、これからの選択もできます。

◎メンタルサロンで行うこと

私たちはV.d.s.は、マインドフルネスをできるだけたやすく身につくようにさまざまな研究を重ねています。
さらに、マインドフルネスを中心に、行き詰まり、苦悩に打ちのめされた人たちが根本的に変化できるようさまざまな手法を開発しています。

メンタルサロンhttp://v-d-s.net/?page_id=17296)では、マインドフルネスが初体験で、何をどうやったらいいのかわからないという人にうってつけです。

楽しく、そして身につくものを提供しています。
ぜひ、興味がありましたら参加してみてください。

一緒に楽しみましょう。

■マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、不安やうつなどの改善だけではなく、人生や仕事を豊かにするための大きな力となるものです。
仏教のヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除き、心理的技術として確立しました。

その有用性は、Google社やFacebook社が社内教育に取り入れるほどです。


■霊気体験

時間があれば、希望者に対して本当の霊気も体験してもらいます。
私たちの霊気についてはこちらを参考にしてください。

【病気のための霊気療法】

http://v-d-s.net/?page_id=15283


【8月メンタルサロン】

霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

8/ 7 メンタルサロン 16時
8/10 メンタルサロン 19時
8/13 霊気の源流を訪ねる旅行
8/21 メンタルサロン 16時
8/24 メンタルサロン 19時

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

私たちは物理的に不可能なこと以外、何でもできます その3

私たちには驚くべき力があります。

と言うと、ほとんどの人は眉に唾を塗ることでしょう。
これは、決してオカルトでもなく、スピリチュアルでもなく、ハッタリでもありません。

という前書きで前回、前々回のブログは始まりました。
今回もその続きです。

私たちV.d.s.には大きな三本柱があります。

もし、頭から湧き出す思考や不安などの感情に左右されない行動をとることができたとしたら、一体私たちはどうなることでしょうか。

もし、原因の追及に力を注ぐ問題志向ではなく、原因はともかく今から未来に向けての解決志向を基本原理とするならば、一体私たちはどうなることでしょうか。

もし、私たちが持っている自己治癒力を増進するかもしれないものを最大限に増強することができたとしたら、一体私たちはどうなるでしょうか。

この三つを軸に私たちはさまざまなことを考え、実践しています。

その目的は

一度しかない人生を活き活きと生きる

ということに尽きます。


「世界を変えようとする人はたくさんいるが、
自分を変えようとする人はほとんどいない」

これはトルストイの言葉ですが、的を射ています。

私たちは、ともすれば自分中心に考えてしまうため、
自分が考えていることが正しく、それが常識であって、社会のルールとすら信じてしまうものです。

社会や他人を直接コントロールなんてできっこありません。
なぜなら、他人には他人の思考や生き方などがあるからです。
他人に成り代わって生きることができないからです。

苦しいという状態はほとんどの場合、物事や出来事の解釈によることが多いものです。
ある物事や出来事について、自分が苦しくても、他人にはそうでないことがあるのはどういうことでしょうか。

もし、物事や出来事から直接に苦しみが来るならば、誰もが等しく苦しみを感じるはずですが、現実はそうではありません。

物事や出来事を「解釈」する、つまりはその人の思考そのものが苦しみを生んでいるのです。
そして、思考から派生してそれに見合う感情や身体感覚が出てきます。

思考も感情も自分の一部であり、本来はそれらを区別できないにもかかわらず、一部を「不快」「悪いもの」とさらに思考によって判断して、それらを取り除いたり、取り替えたり、忘れ去ろうと涙ぐましい努力をします。

思考という幻想や妄想をさらに「判断」という幻想や妄想で区別しようとするものです。

こうなると、自分が本当にやってみたい方向に進むためには、まずは思考や感情をコントロールして


心地よい状態やモチベーションや自信がなければ行動できない

状態になります。

一時的にはホッとするのですが、しばらくすると思考や感情はブーメランのように返ってきます。

また同じコントロールを・・・

もうこんなことはやめましょう、同じことをずっとずっと繰り返すのは。

私たちV.d.s.は、

思考や感情との関係を見直すことにより、どんな思考や感情があっても、
それらとともに、それらをコントロールせず、
それらから支配されず行動する方法を身につけること

を学んでゆくのです。

私たちV.d.s.の三本柱をすべて身につけたら、たぶん人生を好きなように生きることができるでしょう。
精神的に落ち込むことがあったとしても、すぐに回復し、過去に縛られるわけでもなく、解決のために自分が持っている能力を最大限に使うことができるからです。

変えることができるのは、自分だけなのです。
その自分を具体的にどう変えるのか、私たちはそんなことを研究し、自分たちで実践してきました。

この三本柱を身につけたら、文字通り、人から見たら魔法使いのように、超人のように見えるかもしれません。
しかし、これらは誰でもエクササイズで身につけることができるのです。

今日は三本柱のうち

もし、私たちが持っている自己治癒力を増進するかもしれないものを最大限に増強することができたとしたら、一体私たちはどうなるでしょうか。

について述べます。

今日は「本当の霊気」のお話です。

最初に断っておきますと、私は心霊現象やオカルトなどは全く信じていません。
しかし、不思議なことはとても好きで、心霊スポットに行ったり、宗教やオカルトの勉強をしたり、
実際にフリーメイスンリーに入会して高位階を受けたり、有名な魔術結社に入会したりしてきました。

では、どうして「霊気」をしているのですか、という質問がよくあります。

霊気を語るとき、宇宙のエネルギーやチャクラやオーラ、波動というわけのわからない言葉を使って煙に巻く必要なんてどこにもありません。

ただ単純に、手を当てると安心感が広がる、それによって心が和らぎ、自己治癒力が促進されるものだと思うのです。

実は、この「安心感」こそ、とても大切なものだと思うのです。

身体的、精神的に苦しんでいるとき、安心感がどれほど本人に必要なものか

孤独や死の苦しみを感じているとき、どれほど「人とのつながり」や「安心感」が必要なものか

これらは実際に苦しみの当事者になるとよくわかるでしょう。

それが暗示によるものであれ、実際に本当に何かしらのエネルギーが流れているのであれ、
それによって精神的に、そして身体的に安心が広がり、病や苦しみを克服しようという意欲が湧いてくるならば、
霊気もまた役に立つ行為だと言えるでしょう。

私にはこだわりがあるのです。
本物を学びたいというこだわりです。

もし、霊気をこれらのために使うのであれば、本当の霊気を学んでみたいと思いました。

本当の霊気とは何かというと、

臼井甕男氏が設立した「心身改善臼井霊気療法学会」の霊気のことです。

西洋レイキはもともとの霊気とはかけ離れたものとなっています。
他の伝統霊気と言っても、色々と調べてみると、印や呪文が正確には伝わっていないどころか、
独自に作り出したものを「臼井霊気由来のもの」と称して教えていたりもします。

そうではなく、本当の霊気はどうなっているのか、その思いは強く、
あることをきっかけに心身改善臼井霊気療法学会に入会することになりました。

心身改善臼井霊気療法学会は初代会長の臼井甕男氏から現在は8代目会長のもとで、細々と活動しています。
しかし、当時の伝統と技はしっかりと守り続けています。

本当の霊気は、チャクラとかオーラ、癒しやヒーリングというスピリチュアルなものとは違い、
心身の病気を改善するお手当て(治療と言えないため)するのです。

実際にお手当てをしてもらうと、イライラや不安があったとしても、不思議なことに落ち着いて寝てしまうこともしばしばです。

寝入り端のあのウトウトとする状態が続くのです。

とても気持ちいいものです。

決してお金では買えない「安心」なのです。

もちろん、長い間会員である人達には、これまで医師がさじを投げた人の改善例などを持っていて、それが会の存続につながっていることも確かです。
なにせ宣伝もお金儲けもしない会が100年近く続いているのですから、いろいろな症例の改善がこの会を支えてきたことは間違いないことだと思います。

人とのつながりを真に感じ、手を当てられることによって感じる「安心」はどんなものよりも尊いものかも知れません。

私たちV.d.s.は人生の苦しみの低減を目的にしています。
その意味で、本当の霊気は、苦しみに対して「安心」を与える大切なものとしての位置づけをしています。

もちろん、これらを身につけることはすぐにはできません。
これらは魔法ではないのです。
しかし身につけると人から見たら魔法のように見えます。
そして、きちんとエクササイズをこなしてゆくと誰でもできるものです。

本当に自分をよりよく変えて、活き活きと生きたいという強い気持ちが変化する自分を支えます。

同じことを繰り返して今のままにとどまるか、
一度しかない人生を活き活きと生きるか、

それは選択であり、今の自分こそがその選択の結果なのです。
そして、これからの選択もできます。

メンタルサロンでは、ブリーフセラピーやマインドフルネスについての簡単な技法の習得やそもそも悩む原因について話し合います。
さらには、3本目の柱である「霊気」についても希望があれば体験できます。
ここでの霊気は、癒しやヒーリング、スピリチュアルな一般に行われている西洋レイキというものではなく、臼井甕男氏が直接設立した「心身改善臼井霊気療法学会」の霊気です。
すべての霊気・レイキの元祖である霊気で、病気の改善に特化したものです。

みなさん、ぜひ参加してみてください。

◎メンタルサロンで行うこと

私たちはV.d.s.は、マインドフルネスをできるだけたやすく身につくようにさまざまな研究を重ねています。
さらに、マインドフルネスを中心に、行き詰まり、苦悩に打ちのめされた人たちが根本的に変化できるようさまざまな手法を開発しています。

メンタルサロンhttp://v-d-s.net/?page_id=17296)では、マインドフルネスが初体験で、何をどうやったらいいのかわからないという人にうってつけです。

楽しく、そして身につくものを提供しています。
ぜひ、興味がありましたら参加してみてください。

一緒に楽しみましょう。

■マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、不安やうつなどの改善だけではなく、人生や仕事を豊かにするための大きな力となるものです。
仏教のヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除き、心理的技術として確立しました。

その有用性は、Google社やFacebook社が社内教育に取り入れるほどです。

■霊気体験

時間があれば、希望者に対して本当の霊気も体験してもらいます。
私たちの霊気についてはこちらを参考にしてください。

【病気のための霊気療法】

http://v-d-s.net/?page_id=15283

【7月メンタルサロン】
霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

7/17 メンタルサロン 16時

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945