ニューヒューマンとは

ニューヒューマンとは、科学的知性と精神性を兼ね備えた新しい人類像のことです。 ニューヒューマンは、科学に対する絶対的な信頼を持ち、それを活用します。 また、「どうでもいい」という概念を理解し、実践します。

  • 科学に対する絶対的な信頼: ニューヒューマンは、オカルトやスピリチュアル、迷信など非科学的なものではなく、科学に基づいて思考します。 科学は、自然界の現象を観察し、その法則性を明らかにすることで、全人類に役立つ知見を提供します。 科学は、個人の信念や価値判断が介入する余地がなく、普遍的なものです。
  • 「どうでもいい」という概念: ニューヒューマンは、「どうでもいい」という概念を理解し、実践することで、こだわりに囚われず、客観的な視点を持つことができます。 この概念を身につけることで、科学の発展や社会貢献など、より大きな目標に向けて力を注ぐことができるようになります。

ニューヒューマンは、「私」という意識に支配され、地球を壊している「愚かなサルども」とは異なる存在です。 私たちの存在は地球にとって必ずしも必要なものではなく、むしろ不必要なものとも言えるでしょう。 だからこそ、脳の中のOSを入れ替えたニューヒューマンが必要なのです。

コントロールできないものは受け入れる

私たちは日々、様々な思考や感情に囚われ、時には苦悩を感じることがあります。しかし、本当に私たちがコントロールできるものは何でしょうか?自分の思考や感情、他人の行動、社会の動きなどを必死でコントロールしようとしても、結局はうまくいかず、余計に苦しくなってしまうことがあります。

## コントロールできるものとできないもの

この世には、自分がコントロールできるものとできないものがあります。コントロールできないものに執着し、思い通りにしようとすると、かえって苦悩が深まるでしょう。一方で、コントロールできるのに、それを活かさずに苦しんでいる人もいます。

私たちは他人や社会をコントロールできません。
他人がどのように考えてどのように行動するか、コントロールできません。

自分自身の思考や感情もコントロールできません。
できる、という人もいますが、では、なぜ同じような思考や感情がやってきては振り回されるのでしょう。

実は、私たちがコントロールできるのは自分の行動だけなのです。思考や感情は、行動に影響を与えはしますが、支配はしません。もし思考や感情が行動を完全に支配していたら、私たちは衝動的な行動ばかりとっているはずです。
例えば、相手を殴ろうと思えば殴らないといけないし、殺したいと思えばそうしなければいけません。
しかし、実際にはそうではありません。これは、思考や感情が行動を支配していない証拠なのです。
もし、思うこと、感じることと行動を一致させないといけないなら、私たちは今頃は墓の中か病院か刑務所でしょう。

## 新しい生き方:ニューヒューマンとは

コントロールできないことに無駄な努力を費やすのではなく、コントロールできることに集中する。それが、私たちが提唱する「ニューヒューマン」の生き方です。ニューヒューマンとは、自己と社会に対して深い意識と責任を持ち、内面の妄想に惑わされることなく、現実を正しく理解し、自分の価値観に従って行動する人々のことを指します。
コントロールできないことは完全に受け入れる(アクセプタンスといいます)ことです。
コントロールできない現実を受け入れることは大切であり、現実に抗ったとしても絶対に負けるのですから。

どんな絶望的な思考や感情があったとしても、それらに反応せず、自分にとって有益な別の行動をとることができる。これは練習によって可能になります。ニューヒューマンは、個人の成長と社会貢献のバランスを重視し、科学的な知識と合理的な思考に基づいて行動します。

## 自己変革のための生まれ変わりセミナー

「自己変革のための生まれ変わりセミナー」では、こうしたニューヒューマンとしての生き方を学ぶことができます。セミナーでは、自己理解を深め、思考や感情との付き合い方を見直し、自分の価値観に沿った行動をとる力を養います。

人生における真の意義は、どのように生き、どのように世界に影響を及ぼすかによって定義されます。「自己変革のための生まれ変わりセミナー」は、その実現に向けた重要なステップとなるでしょう。自分の内なる力を引き出し、より充実した人生を送るために、このセミナーに参加してみませんか?きっと、あなたの人生を変える新しい視点が得られるはずです。

脳科学から見た「私」の正体:空っぽの妄想に執着する必要はない

「私」は誰なのか?

私たちは日常、何気なく「私」という言葉を使っています。しかし、その「私」とは一体何なのでしょうか?脳科学の最新の研究成果に基づき、「私」の正体を探っていきたいと思います。

脳が創り出す「私」

脳科学の研究によると、「私」という実体は存在しないことが分かっています。私たちの脳は、膨大な情報を処理し、意味を作り出す能力を持っています。そして、その意味の一つが「私」なのです。つまり、「私」は脳が創り出す錯覚に過ぎないのです。

「私」は意識していない

私たちの行動の大部分は、意識的な選択ではなく、脳の自動処理によって行われています。例えば、呼吸や心臓の鼓動、歩いたり食べたりする動作などは、意識的にコントロールする必要はありません。

さらに、最近の研究では、脳が行動を起こす前に、意識がそれを認識しているということが分かっています。つまり、「私」が行動を選択したように感じるのは、脳が後から辻褄を合わせて作り出した錯覚なのです。

「私」は妄想であることのメリット

「私」が妄想であると知ると、私たちのものの見方は大きく変わります。

  • 執着から解放される

実体のない「私」に執着する必要はありません。苦しみや怒り、恐怖などの感情は、「私」を守るために生じますが、その「私」自体が空っぽであれば、それらの感情に振り回される必要もなくなります。

  • 世界とのつながりを感じる

「私」は自然界から独立した存在ではなく、宇宙全体とつながっているという感覚が生まれます。他者への優しさや思いやりが自然と湧いてくるようになるでしょう。

自己変革のための生まれ変わりセミナー

心理療法の技術やマインドフルネス、臨死セミナーと瞑想などを駆使した「自己変革のための生まれ変わりセミナー」では、「私」の正体を知り、妄想に執着することなく、より自由に生きられる自分へと変容するためのサポートを提供しています。

セミナーでは、以下のような内容を扱います。

  • 脳科学から見た「私」の正体
  • 「私」に執着する理由とメカニズム
  • 執着を手放し、自由に生きるための方法
  • マインドフルネスや瞑想の実践
  • 臨死体験の瞑想 死から今自分が生きていることを瞑想し人生を総括する

今すぐ参加して、新しい自分に出会いましょう!

「私」の正体を知り、私たちが提唱するニューヒューマンとなり、真の自由を手にするための第一歩を踏み出すチャンスです。今すぐセミナーに参加して、新しい自分に出会いましょう!

死を意識し、今を生きる!充実した人生を送るための思考法

妄想に惑わされない、真実の自分と生きる

私たちは、喜び、悲しみ、怒り、恐怖など、様々な感情に彩られた人生を歩んでいます。しかし、これらの感情は脳内で作り出される「妄想」であり、必ずしも真実とは一致しません。

過去の経験や価値観に基づいた妄想は、時に私たちを苦しめ、行動を制限してしまうことがあります。しかし、私たちは妄想に支配されるのではなく、自分自身をコントロールする力を持つことを理解する必要があります。

どんな妄想が頭をよぎっても、それに振り回されることなく、妄想に反応せず活き活きと生きることが重要です。

真実の自分と繋がる

社会的な役割や他人からの評価によって定義されるのではなく、自分が何を求め、何に喜びを感じるのか、自分自身と向き合うことで、真実の自分を見つけることができます。

真実の自分を見つけることは簡単ではありません。しかし、それを通じて、私たちは自分自身の可能性を最大限に発揮し、より充実した人生を送ることができるのです。
そのために『自己変革のための生まれ変わりセミナー』を実施し、そのあとの研究会でスキルとして身につけるエクササイズを行います。

たまたま生きている奇跡

私たちは、生きることが正しいと思って生きているわけではありません。たまたま生きているそのことを大切にし、どんな死に方であったとしても、死ぬまでは活き活きと生きる。
私たちは誰もがいつかは(その時期は誰にも分からない)必ず絶対に死にます。

この有限な時間を無駄にせず、後悔のない選択をするために、今この瞬間を大切に生きることが重要です。

妄想を超えて、真実の自分と生きる

  • 思考や感情は脳内で作り出される妄想であり、真実とは異なる。
  • 妄想に振り回されることなく、これらに反応しないことによって、妄想とは関係のない行動ができる。
  • 真実の自分を見つけ、可能性を最大限に発揮する。
  • たまたま生きている奇跡を大切にし、今この瞬間を活き活きと生きる。

これらの理解を深め、実践することで、私たちは日々直面する多くの妄想を超えて、現実に基づいた選択を行い、本当に価値のある人生を送ることができるのです。

思考や感情に囚われず、自分らしい人生を歩んでいきましょう。

愚かなサルからニューヒューマンへ:苦痛と妄想から自由になるための方法

私たちは、苦痛と妄想に支配された「愚かなサル」として生きています。しかし、意識的に努力することで、苦痛と妄想から解放され、より自由で充実した人生を送ることができる「ニューヒューマン」へと進化することができます。

愚かなサルとニューヒューマンの特徴

愚かなサル

  • 苦痛と妄想に振り回される
  • 人生の現実を否定する
  • 我執にこだわり、争いごとを起こす
  • オカルトやスピリチュアル、迷信などにこだわる
  • 科学的な根拠のないものを信じる
  • 自分の人生を生きることができない

ニューヒューマン

  • 苦痛と妄想を認識し、それに振り回されない
  • 人生の現実を受け入れ、それに基づいて行動する
  • 我執を手放し、他者との調和を大切にする
  • 科学的思考に基づいて判断し、行動する
  • 自らの人生を創造し、主体的に生きる

私たち

私たちは、ニューヒューマンの育成を目指して活動している団体です。私たちは、人間は本来、苦痛と妄想から解放され、より自由で充実した人生を送ることができるという理想を実現しようとしています。

このブログ

このブログでは、私たちの指導となるテキスト「愚かなサルどもへ」の内容や、セミナー情報などを発信していきます。また、ニューヒューマンになるためのヒントとなるような記事も掲載していきます。

あなたもニューヒューマンになりませんか?

苦痛と妄想から解放され、より自由で充実した人生を送りたい方は、ぜひ私たちと一緒にニューヒューマンを目指しましょう。

まずは、

ホームページから

「自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION」

に参加してください。

死について思うこと

どうせ死ねば脳は死に、体も分解され、分子、原子になって拡散し、再び他の構成物の一部になる
魂も心も生まれ変わりもどこにもない
これらは生きてる人間の妄想にしか過ぎない

死にたいと思っても思わなくても
人は必ず死ぬ
絶対に死ぬ

事故、病気、自殺、老衰、災害などで亡くなった人達は、
まさか私が今日に死ぬとは思っていなかったに違いない

私たちはその人たちと同じだ

明日生きている保証は何もない

少なくとも「今」は生きている
そして「今」できることを全部やってしまおう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心理学、脳科学など科学をベースとした「考え方」を変える、つまりは人生そのものを変えてしまう可能性があるセミナーです。

様々な症状に苦しんでいても、その苦しみさえどうでもよくなってしまうようなセミナーです。

いえ、人生そのものに対するセラピーかもしれません。


死は生命の終わりです。
死は絶対にやってきます。

死はいつかわからないけれど確実にやってきます。

しかし、私たちはそれを現実のものと捉えようとはしません。

確実に体験する死を真面目に考えることは、今を精一杯生きることでもあります。

このセミナーは、「死」を考え、「自分」を考え、「生きる目的」を考えるセミナーです。

数多くの実験やエクササイズ、映像とともに進行してゆきます。

お金持ちになろうとか、ハッピーな気持ちでいよう、ポジティブに考えたら何もかもうまくいく、宇宙にお任せしよう、思考や感情をコントロールしようなどというお気楽なものではありません。

それで解決するなら、どうしてまた、同じように悩んでいるのでしょうか。

かなり内容は深いセミナーです。

セミナーでもあり、セラピーでもあります。

あなたの人生そのもののセラピーです。

そして、あなたが生まれ変わるためのものです。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー Regeneration』