苦しみがないことが「本当の幸せ」ではない

私たちV.d.s.には、人の体と心を健全にし、本当の意味で幸せに生きて、
寿命を全うする二つの方法があります。

一つは、思考や感情との関わりを変えることによって、
私たちが本来歩んでみたかった人生を歩めるようにすることです。

心理学や脳科学をもとにしている私たちの考えはとてもシンプルです。

私たちのすべての悩みは脳が生み出す幻想や妄想にしか過ぎない

ということです。

私たちがもがき、悩み、苦しんで絶望している時は、私たち自身の頭の中にある
思考や感情に苦しめられているにしか過ぎません。

その証拠に、意識がなければ、脳が壊れてしまえば、そもそも悩みは出てこないことでしょう。

自然界にはモノと出来事しかありません。
モノと出来事は、誰もが見ることができます。

そして、モノや出来事それ自体には意味はありません。
岩はそこにあり、川は流れているだけにしか過ぎません。
ただ単にそこにあり、出来事があるだけなのです。

しかし、私たちはこれらの意味がないモノや出来事に意味づけをします。

岩がここにある意味は何だろう?

この川の水は、あの川の水よりきれいだ

このように優劣をつけたり、善悪に区別したり、大小を比較したり、
理由付けしたり、評価、分析したり、快不快を感じたりします。

これらの働きは思考や感情などと呼ばれ、脳の働きの結果なのです。
そして、思考や感情はその人の頭の中にだけあり、
それを他人が見たり、他人に見せたりできないものです。
私たちの頭の中にしかないものなのです。

このようなものは、幻想や妄想と同じなのです。

幻覚や幻聴に苦しんでいる人は、他人には全く見えないし、聞こえない映像や声などに苦しめられています。
なぜなら、他人には見えなくても、その人には実際に見えて聞こえるからです。

幻覚や幻聴が脳が生み出す幻影に過ぎないのと同じように、思考や感情も脳内の出来事です。

不安になったり、悩んだり、絶望している人は
ありありと感じられる思考や感情に苦しめられているのです。
しかも、他人はその人の思考や感情を見ることができないのです。
その人の頭の中の出来事なのです。

どちらの場合も、他人から見たら全く見えない、聞こえない幻覚や幻聴、思考や感情に苦しんでいるのです。

しかし、本人とっては

それが真実、事実

なのです。

幻覚や幻聴、思考や感情があまりにもありありとしているので、
私たちは自分が考えたこと、感じたことを
そのまま事実として、何の疑いもなく信じてしまいます。

しかも、他人がこれらを否定すると、
自分の幻覚や幻聴、思考や感情がどれだけ正しくて、どんなふうに事実なのかを理由付けし、
ますます頑なになって評価を強めてしまいます。

どんなに正しいように見えても、
思考や感情は、事実を解釈したり、評価したものであって事実そのものではありません。

事実そのものは意味のない無味乾燥なものですから、
私たちは事実そのものに苦しめられることはありません。

つまりは、苦しみから抜け出すために事実を変えることは効果がないということです。

私たちを本当に苦しめているのは、事実を解釈し、評価し、理由付けなどしている

自分の思考と思考から発生する感情

だからです。

そう、変えるべきは、事実そのものではなく、
思考や感情と事実との関わりなのです。

思考や感情の言うままに私たちは生きてきて、
同じような失敗や悩みに取り憑かれ、同じことを繰り返しています。

機械的に同じようなパターンを持って生きています。
自分で生きているように見えながら、
ある環境やある出来事に出くわすと、スイッチが入ったかのように、
その人のパターンを繰り返します。

自分で自分の行動がコントロールできない、とまで言います。

思考や感情に振り回され、
機械的に同じことを繰り返して苦しむ人生ほどつまらないものはありません。

思考や感情との関わりを変えるとは、


思考や感情と事実をしっかり分けて物事を捉え、
どんなに破滅的な思考や感情を持とうと
それらに振り回されず、
本来、やりたい方向に歩むこと

なのです。

そうすると、たとえ、頭を打ちのめすような絶望があっても、
それらと戦うことなく、逃げることなく、コントロールすることなく
やりたいことができるようになります。

不安や恐怖、絶望や悲しみなどは
私たちが生きている限り絶対につきまとうのです。
なぜなら、それらも私たちの感情であり、
都合よくこれらをなくすことなんてできないからです。

本当の幸せとは、
不快な思考や感情をなくすという妄想を持つことではなく、
これらがあっても、やりたいことができることなのです。

私たちが不幸であるのは、
苦しみを持つことではないのです。
誰でも苦しみは生きている代償として持ちます。

そうではなく、苦しみのためにやりたいことができないことこそが
本当の不幸なのです。

思考や感情との関わりを変えるということは、
症状に対するセラピーなどではなく、
まさに、人生そのもののセラピーなのです。

試してみたいと思いませんか?

私たちの二つ目の方法は次回のブログで書きます。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは
間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、
サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【メンタルサロンの日程】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

第1,第3日曜の15時半から行います。

■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

広告

私たちは思考や感情の入れ物にしかすぎない ー 不必要な苦しみから抜け出すコツ

私たちが何か困難に出会ったとき、悩み苦しみます。

あいつが悪い
どうして自分だけが
あのときこうしていれば
これからどうなるのだろう

こんなことを繰り返し思いながら苦しみます。

しかし、こうやって思考の内容を文字に書いてみると、
どれほど非合理で解決がなく、自分を傷つけることをしているのか分かると思います。

このような思考とその思考から派生する感情は役に立たないどころか、
不必要に自分を傷つけてしまうのです。

こう書くと

自分は悪くない、人が悪いんだ

という思考も出てくるでしょう。

こういった思考の主張が100パーセント正しいとして、それで苦しみが解決するのでしょうか。
苦しみを抜け出すことができるのでしょうか。

いえ、きっともっと苦しくなり、それに付随した思考や感情がわき上がることでしょう。

自分のせい・人や社会のせい
自分は正しい・他人は間違っている

ということにこだわると苦しくなるのに、私たちはどうしてもそうしてしまいがちです。
なぜなら、これまでこのような方法でしか生きてこなかったからです。

特に思い込みが激しい人ほど苦しみは持続し、
その苦しみのためにやりたいことができなくなってしまうことでしょう。

思い込みが激しいというのは、思っていること(思考)や感じていること(感情)を
あたかも自分以外の人や社会に対しても事実であるかのように無条件で受け取り、信じてしまう
ことなのです。

統合失調症などで幻覚や幻聴に苦しむ人は、
その幻覚や幻聴を事実として捉えてしまうからこそ、
恐怖し不安になり、それに基づいた行動をとるのです。
幻覚や幻聴に苦しんでいる人を離れてみていると、
何もないのに一人苦しんでいるのが分かると思います。

しかし、その人の頭の中では

ありありと見え、生々しく聞こえる

のです。

脳内の出来事をあたかも外の世界に被せてみているのです。

統合失調症でない人たちも全く同じことをしています。
見えたり聞こえたりしないだけで、脳が考えたこと、判断したことに過ぎないものを
外の世界に被せて見て、それを事実だと信じているのです。

事実とは、本来意味のないモノや出来事です。
意味のないモノや出来事に意味づけするのはそれぞれの人なのです。

そして、その意味づけは外の世界になく、私たちの頭の中にしかありません。
その意味づけが違うからこそ、モノや出来事に対して
人の数だけの考えや感情があるのです。
意味づけは他人と同じではなく、自分だけのものであり、事実とは別のものです。

私たちが悩むのは、

事実に対してではなく、自分が持つ意味づけに対して自分が悩んでいる

だけなのです。

私たちは不快な思いや感情にとらわれると、
なんとか取り除こうとしたり、忘れようとしたり、良いものに置き換えようとしたりします。
つまり、コントロールしようとするのですが、そんなことができないことは、
同じ状況になると同じことをやり続けているのを振り返れば簡単に分かることでしょう。

思考や感情の一部だけを「悪いもの」と判断して、
都合よく取り去ることなんてできません。

そんなことができると自分で主張する人はいたとしても、実際はそんな人を誰も見たことはないでしょう?

どんなに頭の中でありありと、生々しく思考がささやいて、それに見合う感情を持ってきたとしても、
そんな私たちを他人が見れば、周りに何もないのにじっとして、苦しんでいる姿しか見えないのです。

苦しみは頭の中の出来事です。
苦しみは自分の外にありません。

悩みにくい人は、思っていること、感じていることは外の世界になく、自分だけのものであることを知っているのです。
頭の中にいろいろな思考や感情を抱えているだけにしか過ぎないことを知っているのです。

考えること、感じることは自由です。
それはどんなおぞましいものでも、どんな幸せなものでもいいのです。
脳が勝手にそのときの状況に応じて思考や感情を作ってくれます。

そう、勝手にです。

勝手に作ってくれるのですから、私たちにはその発生なんてコントロールできないのです。

こんなたとえができます。

今の私たちも、思考、感情、衝動を入れている入れ物なのです。

私たちは、思考ではありません。
感情でも、衝動でもありません。

私たちは、空のようなものです。
空には、雲がわき上がり、雨が降り、虹が出たり、晴れの日、雷の日もあるでしょう。
けれど、空の本質に何も変わりません。
どんな天候であっても、空自体は決して傷つかないのです。

空は天候に入れ物なのです。

天候はいつかは変化するものです。
よくよく見てみると、たくさんの天候の変化が空で起きているのが分かるでしょう。
雲はどこからか湧き、放っておくと消えてゆきます。
晴れていても雨になったり、台風が発生したりもします。

しかし、私たちは雲でもないし、雷でも、雨でもありません。
私たちはそれらの入れ物としての空なのです。

どんな天候であっても、空は変化しません。
どんなに雲が厚くあっても、雲の上には必ず空があります。

空は、雲に振り回されません。
空は雲と一体になることもありません。

そして固定された天候というものもありません。

感情、衝動、思考は、どこからかわき出てどこからか消えて、またわき出て、消えて・・・そのようなものなのです。

しかし、ほとんどの人は気づくことはありません。
雲と自分を同じものだと勘違いして、ずっと雲の中にいると、雲しか見えなくなるでしょう。

空と天候との違い、自分と思考や感情との違い

これらを知るのみならず、違いを身につけなければ
いつまで経っても、思考や感情をコントロールしたり、なくそうとしたりします。
これらはこれまでやってきたことだと分かっていても、なおもそうしてしまうのです。

違いを身につけることは訓練しなければいけません。
訓練と聞くとたじろぐ人もいるでしょう。

誰しも、楽していろんなことを身につけたいですから。
だからこそ、


たちまち
みるみる
あっという間に
驚くスピードで

思考や感情をコントロールする魔法を求めるのです。

しかし、気がついたら同じことをやり続けているだけであることに気がつくことでしょう。
一時的にほっとする方法は、同じことを繰り返させるのです。

同じことをして、違う結果が出てくるはずもありません。
この世には安易な魔法はありません。

人生には楽しみもあれば苦痛もあります。
苦痛を避けて人は生きてゆくことはできません。
そんな都合の良いことは絶対にできません。

大切な人との出会い、その中にも裏切りや別れという苦痛は存在します。
死ぬことも、病気になることも、おいることも、夢が叶わないことも人生にはあらかじめあるものです。

幸せを望むことは、すなわち、ネガティブな経験をすることも実は含まれています。
生きる代償として死・老・病・別などがあるのです。
苦痛を避けながら生きることは、そうすること自体がさらなる苦痛を生み出します。

つまり、避けることができるものは避け、避けられないものは受け入れるしかないのです。

私たちは、これまでと違ったやり方(きちんとした心理学に基づいた)で、
活き活きと生きる方法を手に入れます。

決してお金持ちになる方法でもないし、思考や感情をコントロールする方法でもありません。
しかし、生きてゆく上においては、とても役立つものです。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945

1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。

脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。

【メンタルサロン】

私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話

など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296

【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938

【2月、3月メンタルサロン】

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

 2/26 メンタルサロン・研究会(催眠・催眠療法) 15時30分から
 3/ 5 メンタルサロン 15時30分から
 3/19 メンタルサロン 15時30分から

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

何かをするのに自信やモチベーションは必要ないのです ~ 自信やモチベーションに対する幻想

自信を失ったから○○できない
モチベーションがなくなったから○○できない

私たちはよくこのように考えて感じ、そして「行動ができない」と信じます。
そう信じているからこそ、

自信をつけるために何かをしたり、思ったりします。
モチベーションをつける何かをしたり、考えたり、感じたりしようとしています。

私たちが何かするのに、本当に自信やモチベーションがなければ行動できないのでしょうか。
そして、何かし続けるには自信やモチベーションを維持し続けることが大切なのでしょうか。

結論からいうと、そんなことは不可能なのです。

自信やモチベーションの維持というものは、

思考や感情のコントロール

に過ぎないのです。

思考や感情がコントロールできないことは、散々このブログで言ってきました。
言うのみならず、簡単な思考や感情のコントロール実験すらここに書きました。

結果、誰もが思考や感情のコントロールができないことが分かりました。

思考や感情のコントロールができると自称する人はたくさんいます。
もし、それが真実ならば、どうして今だに不安や恐怖、絶望、失望に悩んでいるのですか。
確かに一時的には効果があるかも知れませんが、

同じ状況で同じことを繰り返す

これは長期的に見て、効果があるというのでしょうか。
短期的にホッとすることと引き替えに、長期的に見て問題解決にはなっていないのです。

同じ場面になると同じ失敗をし、人から注意されると、
そこだけは上手くやり続けることを何十年も繰り返す人

上手くいかないとお酒を飲んで気を紛らわせ、それを何十年も続けている人

をどう評価するでしょうか。
思考や感情のコントロールはこれと全く同じようなことをやり続けているのです。

そして、その時の思考や感情に対する対策は、

戦いや逃避、言い訳など

を含んでいないでしょうか。

驚いたことに、

私たちが何かする場合には自信やモチベーションは必要ない

のです。
「できない」理由として自信やモチベーションの欠如を挙げているだけなのです。

いえ、「できない」のではなく「しない」理由として自信やモチベーションの欠如を挙げているにしか過ぎないのです。

なぜなら、「できない」と思うことはたいていの場合、物理的に不可能なことではなく、
思考や感情が「できない」と囁く言葉を信じて「しない」だけなのですから。

もちろん、自信やモチベーションがあれば、気持ちよくできるに違いありませんが、
自信やモチベーションがなくても行動はできるのです。

ここで、この「気持ちよく」と言うことにこだわると、思考や感情のコントロールに囚われて
同じことをやり続ける人になってしまうのです。

思考や感情は脳から発生するものです。
その発生はコントロールできません。
放っておいても勝手に発生します。
そして、その内容もコントロールできません。
他人から観察不可能に幻想や妄想の類いです。

一方で、私たちは脳がある限り思考や感情とは無縁ではいられないのです。
私たちは脳を持ち歩いていますから、その脳は、見るもの感じるものなどに
絶え間なく、

「いい・悪い」「優れている・劣っている」「大きい・小さい」「正しい・間違い」などという評価

をし続けています。
それは、私たちの脳が決めていることなのです。

しかし、
ある人のことを「嫌だ」と思ったとしても、

嫌な人がいるわけではない

のです。

あなたの脳が「嫌」と判断するまでは、嫌ではなかったのです。

事実は、

あなたが「嫌」と評価した人がいるだけ

なのです。

そう、

あなたの外には「人」がいるだけ、あなたの内にある脳がそれを「嫌」と判断しただけ

なのです。

「嫌な人」は外にはおらず、「人」がいるだけなのです。
「嫌」という脳の判断を「人」に被せてしまうと、

嫌な人が外にいる

と信じてしまうのです。

これは、思考と事実との区別がつかないことによって引き起こされてしまいます。
苦しみやすい人は、思考と事実の区別がつかず、思考が与えるモノをそのまま受け取り、
行動してしまいます。

思考の発生や内容はコントロールできませんから、思考の命ずるままに行動し、
苦しみやすくなってしまいます。

なぜなら、思考は

正しい・間違い
好き・キライ

などの評価をし続けるのですが、その評価は事実でないため、
それを事実として信じて行動すると、対人や対社会的に摩擦が生じやすくなるのは
火を見るより明らかでしょう。

本当のことを言えば、

いろんな評価や感情は脳内に浮かんだモノであって、
それらは事実ではなく、その人にとっての事実の解釈に過ぎない幻想や妄想

ですから、

そんなモノを持ちながら、行動だけは本来やりたいことに向けることができる

のです。

思考や感情は脳内に浮かんだものにしか過ぎないのです。
それをそのまま事実として信じて受け取ることと、
それを脳内に浮かんだモノとすることは全く別の意味を持ちます。

私はろくでなし
あの人は間違っている

と信じると、自分で自分を傷つけますし、人も攻撃します。

そうではなく、

私は「ろくでなし」という考えを持っている
私は「あの人は間違っている」という考えを持っている

に過ぎないのです。

そして、

その考えは事実ではなく、そういった評価を脳内でしているだけであって、
他人の評価とはまた違うものだ

と本当に分かれば、そんな考えや感情を持つことは何も「悪いもの」ではなく、
それらを持ちながらも、それとは違った行動ができるのです。

どんな内容の考えや感情を持つのも自由であるし、
持ってしまうものです。
しかし、それは事実とは違うモノです。
脳内に浮かぶ、幻想や妄想と同じモノです。

それらを全部持ちながら、
自分が本来やりたい方向に歩くことは、誰でも出来るのです。
そこには自信やモチベーションというものは必要ありません。

これは、スキルなのです。
思考や感情が事実ではないことを知り、それとの関わりを変えるというのは
スキルなのです。

スキルはトレーニングしないと身につきません。
そうしないと、これまでのおなじみの方法である、

思考や感情を事実として受け取り、それと戦ったり、逃げ出したり、理由づけしたりすることをついついやってしまいます。

スキルはいったん身につくと、意識しなくても使うことができます。

そうすると、どんな思考や感情があっても、
それとは関係なく自分がやりたいことを目指して行動できる自分になることができます。

もはや、思考や感情をコントロールしたり、逃げ出したり、理由づけをしてしない理由を探すことなんてする必要すらなくなるのです。

これはスキルなのです。

スキル
は魔法ではありません。

この世には、楽して、たちまちに気分が良くなる魔法なんてものは存在しません。
魔法を追い求めているからこそ、今の自分があるのです。

私たちはV.d.s.には、魔法を追い求めても仕方がないと

本当に気づいた人

だけがやってきます。

魔法を求めてさらに人生を歩まないでいるか、
それらを妄想として見抜いて、新しい方法を習得するか、

それは選択

なのです。

今の自分の姿こそ、どんなに偽ったとしてもこれまでの選択の結果なのです。

私たちV.d.s.には活き活きと生きるための大きな三本柱があります。

もし、頭から湧き出す思考や不安などの感情に左右されない行動をとることができたとしたら、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (マインドフルネスなどの使用)

もし、原因の追及に力を注ぐ問題志向ではなく、
原因はともかく今から未来に向けての解決志向を基本原理とするならば、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (解決志向型の戦略)

もし、私たちが持っている自己治癒力を増進するかもしれないものを
最大限に増強することができたとしたら、一体私たちはどうなるでしょうか。

この三つを軸に私たちはさまざまなことを考え、実践しています。

その目的は

一度しかない人生を活き活きと生きる

ということに尽きます。


◎メンタルサロンで行うこと

私たちはV.d.s.は、マインドフルネスをできるだけたやすく身につくように
さまざまな研究を重ねています。
さらに、マインドフルネスを中心に、行き詰まり、苦悩に打ちのめされた人たちが
根本的に変化できるようさまざまな手法を開発しています。

メンタルサロンhttp://v-d-s.net/?page_id=17296)では、マインドフルネスが初体験で、
何をどうやったらいいのかわからないという人にうってつけです。

楽しく、そして身につくものを提供しています。
ぜひ、興味がありましたら参加してみてください。

一緒に楽しみましょう。

■マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、不安やうつなどの改善だけではなく、
人生や仕事を豊かにするための大きな力となるものです。
仏教のヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除き、心理的技術として確立しました。

その有用性は、Google社やFacebook社が社内教育に取り入れるほどです。

■霊気体験

時間があれば、希望者に対して本当の霊気も体験してもらいます。
私たちの霊気についてはこちらを参考にしてください。

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=15283

【8月、9月メンタルサロン】
霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

8/21 メンタルサロン 16時
8/24 メンタルサロン 19時

9/ 4 メンタルサロン 16時
9/14 メンタルサロン 19時
9/18 メンタルサロン 16時
9/28 メンタルサロン 19時

———————————————

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945