ブログ

サイト管理人のブログです。
※ スマートフォンによっては表示されない場合がありますが、サイドメニューの「最近の投稿」、もしくは画面上からフル表示やPC表示を選択いただくと表示されます。
LINEで送る

Share

ブログ一覧

行動する

思ったこと、感じたこと、つまり思考や感情と行動は別のものだと何度も書いてきた

さらに書いてみよう

 

  • ガンだから、食欲もないし食事を摂られない
  • やる気がないから、外に出ることもできないし、勉強もできない

 

この二つの文を比較してみると、ガンはどんな状態でもガンであることだ

火事が起ころうが、拳銃を突きつけられて食事をしろと脅されても

 

物理的にできない

 

しかし、やる気がなくて外に出られないという人は、火事が起こるとやる気がないというものはどこかに行ってしまって、外に飛び出す

あるいは、勉強しないと殺すと日本刀を突きつけられたら勉強する

もちろん日本刀で殺されるという選択もできる

これはやる気がないという理由とは別である

 

このように

 

〇〇だから、△△できる

 

〇〇の理由の部分に思考や感情、衝動などが入ると、これはできない理由とはならない

一見正しいように見えるからこそ、私たちはこうやってしない理由を作り出す

こんな理由を作り出すのは天才的だ

1分もしないうちにいくらでもできない理由を作り出す

タチが悪いことに、そのどれもを信じてしまうことだ

 

物理的にできないものはできないが、そうでない場合はできない理由とはならない

つまり、思考や感情や衝動などは行動を支配しないということ

私たちは日常的にやりたくもないのにやっていることが多くあるし、やりたいと思いながらしないことも多くある

何よりも思考や感情、衝動というものはあなたとは関係なく、脳が作り出してゆくものであり、その発生も内容も消滅もコントロールできない

コントロールしようとすればするほどそれにこだわる

 

苦しい、幸せ、悲しい、嬉しいなど外の世界にはない

全部私たちの脳が作り出し、外に投影しているだけである

そして、そんな思考や感情や衝動などは実体がなく、コントロールもできず、実際は行動を支配しないのだから、そのまま放置していればいい

それらに反応することなく、放置しよう

それらを全て持ったまま、自分にとって役立つ行動をしよう

 

私たちはそれがきちんとできるように作られている

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心理学、脳科学など科学をベースとした「考え方」を変える、つまりは人生そのものを変えてしまう可能性があるセミナーです。

様々な症状に苦しんでいても、その苦しみさえどうでもよくなってしまうようなセミナーです。

いえ、人生そのものに対するセラピーかもしれません。


死は生命の終わりです。
死は絶対にやってきます。
死はいつかわからないけれど確実にやってきます。

しかし、私たちはそれを現実のものと捉えようとはしません。

確実に体験する死を真面目に考えることは、今を精一杯生きることでもあります。

このセミナーは、「死」を考え、「自分」を考え、「生きる目的」を考えるセミナーです。

セミナーは数多くの実験やエクササイズ、映像とともに進行してゆきます。

お金持ちになろうとか、ハッピーな気持ちでいよう、ポジティブに考えたら何もかもうまくいく、宇宙にお任せしよう、思考や感情をコントロールしようなどというお気楽なものではありません。

それで解決するなら、どうしてまた、同じように悩んでいるのでしょうか。

かなり内容は深いセミナーです。

セミナーでもあり、セラピーでもあります。

あなたの人生そのもののセラピーです。

そして、あなたが生まれ変わるためのものです。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー  Regeneration

2021年9月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : V.d.s.-Master

私たちが苦しんでいるとき

自分が失敗し、落ち込んで惨めな気分になっている時、おそらく心の声(思考)は自分自身にこういうこともあるだろう

ざまあみろ

いつだって何をやってもダメなんだ

これまでずっと失敗続きで自分は無能だ

こんなにできないのはどうしようもないからだ

みんなに嫌われ、さらに失敗までする

こんなことを自分に言って鞭打っていることだろう

もし、友人や大切な人が打ちひしがれ、落ち込んで悲しんでいる時、あなたならどうするだろうか

自分に鞭打って言うことを友人や大切な人に言うだろうか

そんなことをすると友人や大切な人はあなたの元を離れていってしまう

自分に鞭打つことが、より良い人生を送るためになるだろうか

そして、それが自分に役立っているだろうか

もし役立っているなら、生まれてこの方、ずっとこんなことをやり続けているのだから、今は完璧な人間になっているはずだ

しかし、実際はそうではない

こんな時

あなたの気持ちはよくわかる

ポジティブな気持ちを持って、夢をありありと描こう

今が幸せだと思い込もう

と言っても意味がない

感情を変えよう、思考を変えようとしてもますます惨めになるだけだ

こんなことより

 

君が傷ついて苦しそうなことはわかるけれど、それがどれくらいの辛さかわからない

でも、君のそばにずっているよ


というのがいいに決まっている

自分の思考や感情に対する接し方もそうだ

思考や感情なんてコントロールできない

コントロールできないものはそれが現れるまま、現れたことを認めて、それがあることを許す

そして、それに巻き込まれることなく、それでもそのままそばにいる

こういう接し方がマインドフルと呼ばれている状態だ

こんな状態でいると、たとえ思考や感情の妄想に嵐の中でも、竹のようにしなやかに、そのままでいることができる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心理学、脳科学など科学をベースとした「考え方」を変える、つまりは人生そのものを変えてしまう可能性があるセミナーです。

様々な症状に苦しんでいても、その苦しみさえどうでもよくなってしまうようなセミナーです。

いえ、人生そのものに対するセラピーかもしれません。


死は生命の終わりです。
死は絶対にやってきます。
死はいつかわからないけれど確実にやってきます。

しかし、私たちはそれを現実のものと捉えようとはしません。

確実に体験する死を真面目に考えることは、今を精一杯生きることでもあります。

このセミナーは、「死」を考え、「自分」を考え、「生きる目的」を考えるセミナーです。

数多くの実験やエクササイズ、映像とともに進行してゆきます。

お金持ちになろうとか、ハッピーな気持ちでいよう、ポジティブに考えたら何もかもうまくいく、宇宙にお任せしよう、思考や感情をコントロールしようなどというお気楽なものではありません。

それで解決するなら、どうしてまた、同じように悩んでいるのでしょうか。

かなり内容は深いセミナーです。

セミナーでもあり、セラピーでもあります。

あなたの人生そのもののセラピーです。

そして、あなたが生まれ変わるためのものです。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー  Regeneration

2021年9月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : V.d.s.-Master

自分の外には何もない

私達の体の外には

色も、匂いも、音もなく、ただ意味がないモノだけしかないというと驚くだろうか。

色は、目にある受容体が目に入る電磁波を電気信号に変えて脳に伝達し、脳で色や明暗、距離などをつくりだす。

私たちが見える色というのは自然界にある電磁波のごくごく一部で、ほとんどの電磁波を捉える感覚受容器を私たちは持っていない。

音も存在しない。

空気の震えが、鼓膜を通じて内耳にある受容体で電気信号に変わり脳に伝えられ、それが「音」として生成される。

匂いも同じ仕組みだ。

指を切って痛いと思うのはも指が痛いのではない。

指の痛覚が刺激されて電気信号となって脳に運ばれ、そこで、痛みを感じ、痛みが指先であるとして指が痛くなるのである。

その証拠に幻肢痛があることを思い出してほしい。

 

頭蓋骨に守られた髄液の中、暗闇の中にぼっかり浮かんでいる脳が私たちの現実を全て作っているのである。

もちろん、感情や思考、衝動なども脳の産物である。

記憶もそうだ。

記憶を時系列にまとめるために「私」という自我を脳が作り出した。

「私」は実は脳を支配していない。

脳が行ったことを「私」が行ったことにしているだけである。

「私」なんて大したことはない。

 

私たちが思う現実は外の世界にはない。

辛い、苦しい、死にたい、嫌いだ、好きだ・・・全ては私たちの頭の中で行われているのである。

外の世界は

なんの意味もない

モノがあって、モノが動いているだけ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心理学、脳科学など科学をベースとした「考え方」を変える、つまりは人生そのものを変えてしまう可能性があるセミナーです。

様々な症状に苦しんでいても、その苦しみさえどうでもよくなってしまうようなセミナーです。


死は生命の終わりです。
死は絶対にやってきます。

死はいつかわからないけれど確実にやってきます。

しかし、私たちはそれを現実のものと捉えようとはしません。

確実に体験する死を真面目に考えることは、今を精一杯生きることでもあります。

このセミナーは、「死」を考え、「自分」を考え、「生きる目的」を考えるセミナーです。

数多くの実験やエクササイズ、映像とともに進行してゆきます。

お金持ちになろうとか、ハッピーな気持ちでいよう、ポジティブに考えたら何もかもうまくいく、宇宙にお任せしよう、思考や感情をコントロールしようなどというお気楽なものではありません。

それで解決するなら、どうしてまた、同じように悩んでいるのでしょうか。

かなり内容は深いセミナーです。

生まれ変わるためのセミナーです。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー  Regeneration

2021年9月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : V.d.s.-Master

私たちの悩みなんて頭の中だけのもの

心は他人の目に見えるものではない

他人の心なんて誰にも分からない

人の心を観察し、計測するなんてできない

 

あなたの心の痛みはよく分かる

 

この言葉を聞くたびに、これを本気で言っているなら

本当の愚か者だ

 

人の心は絶対に分からない

だから、自信に満ち溢れているように見えたとしても、不安を抱えていることもある

幸せそうな顔をしていても、心の中は惨めなのかもしれない

笑ったり、冗談を言ったりしていても、気分が滅入っていることもある

毎日、仕事や学校に元気そうに出勤していても、いつも自殺願望があったりする

絶望し、惨めで不安でいっぱいになってしまうと、どうして自分だけ、と自分だけの小さな世界にこもる

その小さな世界が全世界のように感じる

しかし、どんな破壊的な考えや感情を持っていても、あなたの脳内のこれらとは全く関係なく世界はある

思考や感情などと関係なく世界はある

 

太陽は昇り、そして沈んでゆく

近所の家族の姿も見える

風が吹き、鳥もさえずる

あなたの苦悩は、あなたの外のこの世界には存在しない

あなたの外のこの世界とも関係ない

あなたの脳内に浮かび上がっているだけだ

どこにも実体として存在しない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

心理学、脳科学など科学をベースとした「考え方」を変える、つまりは人生そのものを変えてしまう可能性があるセミナーです。

様々な症状に苦しんでいても、その苦しみさえどうでもよくなってしまうようなセミナーです。


死は生命の終わりです。
死は絶対にやってきます。
死はいつかわからないけれど確実にやってきます。

しかし、私たちはそれを現実のものと捉えようとはしません。
確実に体験する死を真面目に考えることは、今を精一杯生きることでもあります。
このセミナーは、「死」を考え、「自分」を考え、「生きる目的」を考えるセミナーです。

数多くの実験やエクササイズ、映像とともに進行してゆきます。

お金持ちになろうとか、ハッピーな気持ちでいよう、ポジティブに考えたら何もかもうまくいく、宇宙にお任せしよう、思考や感情をコントロールしようなどというお気楽なものではありません。

それで解決するなら、どうしてまた、同じように悩んでいるのでしょうか。

かなり内容は深いセミナーです。

生まれ変わるためのセミナーです。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー  Regeneration

2021年9月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : V.d.s.-Master

思いや感情と行動は別のもの

思ったこと、感じたこと、つまり思考や感情と行動は別のものだと何度か書いてきた

いい気分ややる気がないから行動できない

一見正しいように見えるが、実は思考や感情と行動は別のもの

思考や感情は行動を支配はできない

正確に言うと、思考や感情は行動に影響は与えても支配はできない

もし、思考や感情が行動を支配していたとしたら、殴りたいと思ったら殴らないといけないし、殺したいと思ったら殺さなければならない

実際はほとんどの場合、こういう思考や感情、衝動を我慢して行動を抑制する

思考や感情がこのように行動を支配していたとしたら、私たちは今頃は墓の下か刑務所か精神病院である

 

例えば、拳銃を頭に突きつけられて、あなたが苦手とすること(人前でスピーチする、異性と話すなどなど)をしろと言われたらきっとするだろう

では、ずっと最高の幸せな気分に浸りながら読書をしろと言われたらできるだろうか

いくらポジティブに考えても、過去の記憶から幸せなことを思い出そうとしてもきっと読書に集中できないか稀に幸せな気持ちが発生してもすぐに色褪せる

これは、行動は思考や感情とは別にできること、そして感情(思考や衝動なども)はコントロールできないことを証明する

もちろん最初の話でどうしても苦手なことをしたくない、殺してくれ、ということも「するか・しないか」と行動を選択できることを示している

 

私たちはやる気がないから、嫌だから「〜しない」と当たり前のように言い、それが正しいものであるかのように信じている

私たち人間が持つ思考や感情のほとんどがネガティブなものだ

これは進化の中て生き残るために何百万年かけて得てきたものであるため、なくすことなんてできない

稀に幸せだ、安心しているという気分が発生しても長続きしないものだ

つまり、このような気分は贅沢品のようなもの

やる気やいい気分がないと行動できないというのは、贅沢品がないとしないというのと同じこと

気分や思いなんて刻一刻と変わるものであり、コントロールできないのに、やる気やいい気分を保たないと行動できないのは、結局「しないための理由づけ」にしかないことがわかる

思考や感情はコントロールできない

コントロールできないものは発生するがままに放置すること

それらの存在を認めつつ、反応しないこと

そして、そのような思考や感情を持ったまま、自分がやりたいと思った行動はできるのだ

2021年9月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : V.d.s.-Master