ニューヒューマン:苦痛を超え、真の自由を手に入れる

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

苦痛との共存:避けられないものを受け入れる

私たちは皆、人生の中で苦痛を経験します。肉体的な痛み、精神的な苦しみ、喪失感、孤独感など、様々な形で現れます。多くの場合、私たちは苦痛から逃れようとします。しかし、苦痛から逃れようとすることは、逆効果になることがあります。

「愚かなサルどもへ」というドキュメントでは、苦痛は人生の一部であり、それを完全になくすことはできないと指摘されています。そして、苦痛を受け入れることで、苦痛を無駄な苦悩に変えることを防ぐことができると説いています。

苦痛を受け入れるためには、実体と妄想を区別することが重要です。実体とは、客観的に存在するものであり、妄想とは、私たちの思考や感情によって生じたものです。苦痛は実体ですが、苦悩は妄想です。

苦痛を受け入れるには、マインドフルネスとデ・フュージョンの練習が役立ちます。マインドフルネスとは、今この瞬間に意識を向けることであり、デ・フュージョンとは、自分の思考や感情に執着しないことです。

苦痛を受け入れることで、私たちは自由になります。自由とは、苦痛や妄想に支配されないことであり、自分の人生を生きることです。

ニューヒューマンとは

ニューヒューマンとは、苦痛は人生の一部であり、それを否定したり、避けたりしようとはせず、苦痛を現実として受け入れ、苦悩に陥らない人間です。

また、「私」という妄想から解放された人間であり、自分と他者を分離せず、世界と一体であることを認識できる人間です。

ニューヒューマンは、以下のような特徴を持ちます。

  • 苦痛と妄想を克服して、より充実した人生を送ることができる。
  • 現実をありのままに受け入れることができるため、より客観的に物事を判断することができる。
  • 思考や感情に囚われないため、自由に行動することができる。
  • 社会に貢献し、よりよい世界を作ることができる。

具体的には、ニューヒューマンは以下のことができます。

  • 苦痛を苦悩に変えないため、苦しみから解放され、より幸せに生きることができる。
  • 妄想に振り回されないので、より冷静に物事を判断し、正しい決断を下すことができる。
  • 思考や感情にとらわれないので、自分のやりたいことに集中し、目標を達成することができる。
  • 社会の矛盾や問題を客観的に捉え、よりよい解決策を提案することができる。
  • 自分の能力や才能を使って、社会をより良い場所にするために活動する。

ニューヒューマンになるためには、思考や感情の性質を理解し、妄想に囚われないように訓練する必要があります。

カルトは多くの場合内に籠って妄想の世界に生きるのに対して、私たちは積極的に社会に出て貢献することも目的の一つです。

ニューヒューマンになるための方法

第一歩:自己変革のための生まれ変わりセミナー

ニューヒューマンになるためには、「自己変革のための生まれ変わりセミナー」を受講することが第一歩です。このセミナーでは、苦痛の性質、苦痛を受け入れる方法、「私」という妄想の否定、愛と慈悲の心の育成など、ニューヒューマンになるために必要な知識とスキルを学びます。

第二歩:研究会への参加

セミナーを受講後は、研究会に参加して、学びを実践していきます。研究会では、他のニューヒューマン候補者と交流し、互いに学び合い、成長していくことができます。

苦痛との共存:無駄な苦悩を減らす

ニューヒューマンにとって、苦痛は人生の一部であり、避けられないものです。しかし、苦痛を受け入れることで、無駄な苦悩を減らすことはできます。

苦痛を無駄な苦悩に変えてしまうのは、私たちの思考や感情です。苦痛を「悪いもの」と捉えたり、苦痛から逃れようと執着したりすることで、苦痛はさらに増幅されます。

ニューヒューマンは、苦痛を「あるもの」として受け入れます。苦痛を否定したり、避けようとしたりせず、ただそこに存在する事実として認識します。

苦痛を受け入れることで、私たちは苦痛に支配されなくなります。苦痛は依然として存在しますが、私たちの心を支配することはできないのです。

 

ニューヒューマンは、苦痛を超え、真の自由を手に入れた人間です。苦痛を受け入れることで、無駄な苦悩を減らし、自分の人生をより自由に生きることができます。

「自己変革のための生まれ変わりセミナー」を受講し、研究会に参加することで、あなたもニューヒューマンになるための第一歩を踏み出すことができます。

LINEで送る

Share