人生の意味を探すのをやめて、今この瞬間を生きる方法 – 自己変革のための生まれ変わりセミナーのすすめ

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

私たちは日々、様々なことに意味を見出そうとしています。太陽はなぜ輝いているのか、自然の役割は何か、自分の人生の意味は何なのか。こうした疑問に答えを求めるのは人間の習性ですが、実は意味とは人間の思考が生み出すものに過ぎません。

人間がいなくなれば、物事の実体は残りますが、意味づけは消えてしまいます。意味について悩むとき、私たちは自分の脳が生み出す妄想の中で悩んでいるのです。

生きることや死ぬことに本来の意味はありません。どんな解釈をしても、明確な答えは得られないのです。自然界や宇宙に存在するものには、意味や目的、意図がないのです。ただそこにあるだけなのです。

例えば、遺伝子が自己複製の情報を持っていることを知ると、「遺伝子は自らの存続や複製を目的として存在している」と解釈したくなります。しかし、遺伝子は偶然の産物であり、特別な目的を持っているわけではありません。遺伝子という現象は自然のプロセスの結果であり、そこに意味を見出すのは人間の解釈に過ぎません。

サイコロを振る行為は、未来の不確かさを象徴しています。特定の目が出ても、それは振る前の不確かさの表れであり、深く考えることは無意味です。過去を振り返れば原因を特定できるかもしれませんが、未来は常に不確かです。人生が運命や宿命によって事前に定められていると考えるのは理に適いません。未来は常に変化し得るものであり、確定されたものではありません。

過去も未来も存在しないことを忘れると、妄想に取りつかれてしまいます。本来、物事は意味の有無に関わらず存在します。意味は人間が与えるものであり、人間がいなくなればすぐに消えてしまいます。もともと意味がないものに「本当の意味」を探そうとしても、妄想の中で迷うだけです。

生きるということは、意味を見出すことではなく、あらゆる体験を肯定し、ありのまま、価値判断せず、回避せずに「体験すること」なのです。
私たちは日々、出来事を体験し評価しますが、自分が評価していることを忘れ、その評価に振り回されると、人生は台無しになります。

嫌だ、不快だと勝手に思ったことを世界の真実であるかのように扱い、逃げ出そうとすると、コントロールできない思考や感情をコントロールしようと躍起になります。その結果、人生の幅は狭くなり、硬直化してしまいます。逃げ先は妄想の森の袋小路なのです。

意味や目的を追い求めるのではなく、今この瞬間に起きていることを丸ごと受け入れ、体験することが大切です。思考や感情をコントロールしようとするのではなく、それらをありのままに観察し、自分の行動を選択することが重要なのです。そうすることで、より柔軟で自由な人生を送ることができるでしょう。

こうした考え方を学び、実践するための一歩として、「自己変革のための生まれ変わりセミナー」への参加をおすすめします。このセミナーでは、意味や目的にとらわれず、今この瞬間を生きるための智慧を学ぶことができます。自分の思考や感情に振り回されるのではなく、それらを客観的に観察し、自分の人生を自分の手でデザインする力を身につけましょう。あなたも、より自由で豊かな人生を歩み始めてみませんか?

LINEで送る

Share
2024年4月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : V.d.s.-Master