コントロールの迷宮を抜け出す:アクセプタンスで自己解放へ

私たちは、コントロールできないことをコントロールしようとして、とても悩みます。

なぜなら、コントロールできないものは、コントロールできないからです。そして、コントロールできないことに対して怒り、憎み、攻撃的になります。あるいは、無価値感、劣等感に襲われます。

 

たとえば、人の言動はコントロールできません。

なぜなら、その人はあなたではないからです。

その人にはその人の行動や思考があるからです。

その人に成り代わって、どう生きるべきか、どう行動すべきか、どう考えるべきかをコントロールすることなんて絶対にできないのです。

 

同じように社会をあなたはコントロールすることはできません。

あなたはあなたの人生しか生きることができないのです。

 

しかし、実際のあなたはどうでしょう。

人や社会をコントロールしようとしていませんか。

 

もし、あなたがある人から悪口を言われたらどうしますか。

悲しい気持ちになったり、腹が立ったりするでしょう。

では、なぜそんな気持ちを持つのでしょうか。

 

そんな時のあなたの心の中を見てみましょう。

きっと

 

私の悪口を言うべきでない

私の悪口を言ってはいけない

 

というものが必ずあるでしょう。

 

これら

 

~べきでない

~べきである

~ねばならない

~してはいけない

 

などというものは「べき思考」と呼ばれもので、あなたの頭の中にあるルールです。

 

べき思考」はとても厄介なものです。

これらは、さまざまな理由づけや評価で武装して「この世の常識」「みんなが守るべきもの」に変わります。

「正義」「正しさ」という評価で武装するともっとやっかいなことになります。信念や価値観という形をとって、その人にとっては絶対的に正しいもの、人にとっても社会にとっても正しいものと信じてしまうからです。

 

べき思考」はあなたが定めたあなただけのルール(マイルール)にしか過ぎません。

全ての人があなたと全く同じ内容の「べき思考」を持っているわけではないのです。

べき思考」は実体として存在しません。

妄想なのです。

 

あなたがいくらルールを作っても破られる時があります。

自分に課したルールが破られると、自分に腹立ち、嫌になります。

人に課したルールが破られると、相手に腹立ち、失望します。

 

よく考えるとおかしなことに気づきます。

自分が作ったルールを他人が守らなければいけないことはないのです。

しかし、自らのルールを万人が守るべき「常識」と信じてしまうと、それに反する言動をする人を許せなくなるのです。

 

自分が作ったに過ぎないルールに人を従わせるためには、あなたはその人の思考や感情、どのような言動をすればよいかの行動をコントロールする必要があります。

実際にこのようなことはできるでしょうか。

 

あなたの作り上げたルールは人をコントロールしないし、そのルールは決して世界の常識でもないのです。頭の中にあるルールが単なる妄想であることをわからず、それを実体だと信じて、それによって人をコントロールしようとするのです。

あなたは決して人をコントロールできません。

同じような意味で社会もコントロールできません。

 

コントロールできないものをコントロールしようとする試みは、現実を思考で否定するようなものです。必ず、完全に失敗します。

 

過去もコントロールできません。

すでに起きている現実を「そうであってはならない」「こうすべきだ」と思考で否定しているだけなのです。

起きてしまった出来事に対して「なぜか」と原因を突き詰め、分析することも直接に役立つことではありません。

起きてしまった出来事に対して、今、この時にできる行動をすることが先決であり、分析は事後に行えばいいことです。

なぜならば、起きてしまった出来事に「なぜか」と問うのは、たいていの場合、現実否定が含まれているからです。

人生において、大切な人との離別や死、裏切り、自分の病気などに出くわした時に「なぜこうなったんだ」と分析しても解決にならないのです。分析している間は何かしている気持ちになることが多いですが、長い目で見ると、苦悩を深めているだけです。

起きてしまった出来事をありのまま認め、そこから自分がとり得る選択をし、行動する必要があります。その場合にも、自分がとり得る合理的な行動をとり、他人や社会のようにコントロールはできないものは、アクセプタンスする必要があります。

 

コントロールできるものはコントロールし、コントロールできないものはコントロールしないこと、コントロールしない代わりに受け入れることなのです。

受け入れるといっても、条件付きではなく、事実そのものをありのまま全部受け入れる(アクセプタンス)のです。

何よりも、コントロールできるものとできないものをしっかりと区別できる知恵がとても必要となります。