今だに考えや感情をコントロールしようという人がいるとは驚き

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

いまだに思考や感情をコントロールして幸せになろう!と言っている人が多いことか。

多くの人は、思考や感情をコントロールできると信じています。しかし、これは幻想です。

思考と感情は、私たちの意識の外で自然に生じ、その多くは直接的なコントロールを超えています。

不安や恐怖、喜びや悲しみなどの感情は、外部の出来事や内面の反応によって引き起こされ、意識的な意思で簡単に切り替えることはできません。

もしできるというのなら、どうして繰り返し不安や恐怖、絶望などが襲ってくるのでしょうか。

 

「赤い熊」の実験

次の一分間、「赤い熊」について考えないようにしてください。

どうなりましたか?

「赤い熊」について考えないようにしようとすること自体が、逆にその思考を強化してしまうのです。
これだけでも思考がコントロールできないことが分かるでしょう。
感情も同じことです。

電車の座席で自分の隣に座っている人を、感情をコントロールして愛することはできるでしょうか。
感情をコントロールできる、というのはこのようなことです。

いずれもコントロールできないことが分かります。

 

思考や感情は、「妄想」と捉えることができます。

これらはその人の脳内だけで発生し、第三者から観察も計測もできず、実体がありません。
このようなものは「妄想」というのです。
妄想には、思考や感情、意味、価値、比較など脳の活動によって生じるものがあります。
それらを事実として混同すると、「妄想」は私たちの行動や反応に影響を与える可能性があります。

事実とは実体があるものであって、第三者から観察も計測もできるものです。
このように考えると意味は脳内で発生する妄想ですから、
事実とは意味がないもの、すなわち単なるモノがあって、モノが動いている状態にしかすぎません。

妄想を事実だと信じる(フュージョンといいます)と、事実のように信じるのです。
事実だと信じると、行動や反応に影響があります。

 

妄想を妄想として認識(デ・フュージョンといいます)し、それに反応しないようにすることで、どんな思考や感情があっても、私たちの行動は自由になります。

絶望や不安を感じながらも、これらの感情を完全に受け入れる(アクセプタンスという)ことで、価値ある人生を歩むことが可能です。

思考や感情を切り分けて、「これは受け入れるが、これはいらない」とすることはできません。

そもそも「いい感情」「悪い思考」というのは、評価であり、評価自体も実体がない妄想の類です。

これを認識することで、私たちは思考や感情に振り回されず、より自由な行動を取ることができます。

思考や感情は行動に影響を与えることはあっても、行動を支配することはできません。

自分の内面の声に耳を傾け、価値ある選択をすることで、より意味のある人生を歩むことができるのです。

V.d.s.は、科学的根拠に基づいたプログラムを提供することで、思考や感情の罠から抜け出し、真の自分へと導きます。

今すぐ、V.d.s.と共に、自由への一歩を踏み出しましょう!

LINEで送る

Share